「土井英司」おすすめ作品一覧

「土井英司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/27更新

ユーザーレビュー

  • 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
    小説は「消費」であり、ビジネス書は「投資」であると筆者は述べる。
    あらゆる媒体に、「消費」と「投資」の概念は当てはまるのではないかと思う。
  • 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
    「読んだときには多少の嫌悪感があっても、どういうわけだか、"気になる"1行に出会うことがある。こんな1行には、思い切って線を引いてみたい。」

    これだ!そうだ!と思う箇所に線を引くことは多い。

    一方、
    ちょっとした嫌悪感を感じるような箇所でも、自分が得たい成果をもたらした原因であれば、線を引くべき...続きを読む
  • お金持ち入門 資産1億円を築く教科書
    たしかに入門書。

    投資から不動産、はては遺産相続対策まで。
    一通り書かれてるのでこれを読んで自分は何がしたいかを決めることができる。

    いろんなお金セミナーをまとめた感じなので自分がどの分野に興味があるのか、できるのかわからない人におススメ。興味を持った分野はこれから自分で勉強しよう。
  • 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
    今年読んだビジネス書の中ではNo.1である。何故本を読まないといけないのか?どのようにして何を考えてどうアウトプットしていくのか土井様の考えが淡々と述べられている。知識は人を作り、人を動かしていくという典型だと思う。小説は消費、ビジネス書は投資、偉大な著者たちのものの考え方、フィルターを覗ける、1冊...続きを読む
  • 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
    【この本から、連鎖する。】
    表紙の赤線が美しく、一貫して情緒が感じられます。
    特に、序文と終章に土井さんのルーツを感じられる本書。
    巻末カラーの本の写真横の赤線が、土井さんがリアルに引いた線です。(本そのものも、本人私物。)

    ビジネス書によくあるがつがつとした力押し感はなく、自然にそこにある、ふん...続きを読む

特集