榛名しおりの一覧

「榛名しおり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/22更新

ユーザーレビュー

  • ロクサリーヌ夜話~夜の王女と輝ける海~【イラスト付】

    不器用で一途で切ない恋。大好き

    中学生のころから大好きな作家さんの、泣くほど嬉しかった待ちに待った復帰後一作目。

    戦争によって娼婦にされた女と、拾われて海軍士官になった男。

    設定だけ見るとどんなドロドロした話だろうと思うかもしれませんが、じれったいほど純愛です。
    文庫本発売時、絶対ハッピーエンド宣言!というアオリがつ...続きを読む
  • 王女ベリータ~カスティーリアの薔薇~(下)
    上下巻まとめての感想でございます
    発売から1ヶ月以上経っていますので、ネタバレも気にせず書いておりますので、未読の方はご注意をば

    ロクサリーヌ以来の、久々の新刊! 新作っ!!
    お待ちしておりました!

    今回の舞台は今で言うスペインの辺りですね
    榛名しおりさんの作品らしく、かなり史実の人物が出てきて...続きを読む
  • マリア ブランデンブルクの真珠
    荒削りだからこそ伝わってくる作者の思いと、作品の力強さ、キャラクターの魅力が存分に読み手をストーリーへと引き込ませる。
    文体は素人臭さが十分に残るが、終盤に向かうにつれ、気にならなくなった。

    ジェットコースターのような展開に、キャラクターへの感情移入は少し難しいが、一人ひとりが際立った迫力とストー...続きを読む
  • マリア ブランデンブルクの真珠
    主君の姫君の身代わりとして侵攻してきた敵である
    フリードリヒの夜伽相手として寝室に送られたマリア
    そんな敵である筈の相手の子供を身籠る。

    ベタな展開といえばそうなんですが、複雑な心境と
    絶望に陥りながらも前向きに生きるヒロインが可愛いです。
    挿絵も素敵。


    この人の小説はどれも歴史に実在した人物...続きを読む
  • マゼンタ色の黄昏 マリア外伝
    「マリア」の外伝。おもに親世代のお話。「マリア」よりエンターテイメント性が強め。でも悲劇的結末。
    ミステリ風な短編漫画が巻末に1編収録されてます(この話は個人的に好き)。
    個人的に、キャラではユリアが好き。