「朝比奈一郎」おすすめ作品一覧

「朝比奈一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:朝比奈一郎(アサヒナイチロウ)
  • 生年月日:1973年04月01日

東京大学法学部卒。元官僚。『霞ヶ関構造改革・プロジェクトK』、『霞ヶ関維新』などの著書がある。

作品一覧

2013/03/08更新

海賊列伝
  • ブラウザ試し読み

やり過ぎる力
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • やり過ぎる力 混迷の時代を切り開く真のリーダーシップ論
    脱官僚の著者による、変革のためのリーダーシップ論といったところか。
    著者の主張する"やり過ぎる力"とは、今の大半の日本人のメンタリティや行動力では不足ゆえに、やり過ぎるという表現をしているのではと、勝手に解釈しました。
    全体的に熱い文体に終始しており、逆の意味で冷静にサクッと一読しました。
    個人的に...続きを読む
  • やり過ぎる力 混迷の時代を切り開く真のリーダーシップ論
    著者は青山社中㈱筆頭代表者。東京大学卒業。ハーバード大学行政大学院修了。経済産業省でエネルギー政策、インフラ輸出政策などを担当。小泉内閣では内閣官房に出向。特殊法人・行政法人改革に携わる。

    混乱の時代にあって、私たちは、しんどい人生をどうやって生き抜けばよいのか。

    本書で著者が訴えたいのは、ただ...続きを読む
  • やり過ぎる力 混迷の時代を切り開く真のリーダーシップ論
    「正答がないなら考えても意味がない」とか「簡単な問題から取り組んで部分点を稼ぐべきでは」から、魂に火をつけ、新たな一歩を踏み出す。人生を躍動に満ちたワクワク感で包むのに「やり過ぎる力」が必要。 物事を正しく行うのがマネジメント、正しいことをするのがリーダーシップ。 リーダーシップは「指導力」よりも「...続きを読む
  • やり過ぎる力 混迷の時代を切り開く真のリーダーシップ論
    やり過ぎることの大事さを力説しているものの、それを身につけるにはまずやり過ぎてみるしかないという、逆説的な内容。
    著者・朝比奈さんの一歩目がもっとリアルに書いてあれば、もう少し納得できた気がします。
  • やり過ぎる力 混迷の時代を切り開く真のリーダーシップ論
    優しい内容で奥深い事が書かれている。
    本当に必要なもの。
    やり過ぎるという本質は何か?
    単に頑張ること、精一杯努力することではない。
    前例や常識を超えていく力のことだと思う。

    優秀だと言われても大概は
    事務処理能力が高く、倫理観の高い人
    基本的にはルール・掟に従い、粛々と頑張って
    仕事をしている。...続きを読む