「山浦恒央」おすすめ作品一覧

「山浦恒央」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/14更新

ユーザーレビュー

  • ピープルウエア 第3版 ヤル気こそプロジェクト成功の鍵
    二十歳過ぎぐらいの時にサラっと読んだ記憶があるが、その時はまるでピンと来なかった一冊。あれから十年近く経った今読むと、その理解度は(良くも悪くも)格段に上がったのは経験が無駄にはなってないという事だろうか。
    本書を読んで最も驚く部分は、最近よく聞かれるホラクラシーだとかリモートワークだとかHRTだと...続きを読む
  • ピープルウエア 第3版 ヤル気こそプロジェクト成功の鍵
    【目的】 ソフトウェア開発の問題における社会学的側面に注目し、どのようにマネジメントすべきかの指針を与える。

    【収穫】 いかに人のやる気を引き出し、力を発揮してもらうか、ということがマネージャーの果たすべき役割と理解できた。

    【概要】 ■プロジェクトにおける問題の本質: 技術的な問題というより、...続きを読む
  • デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか
    書いていることは事実をある視点で記述しているのだと思います。
    解決策は、それぞれの現場で違うので、自分達で考えるしかありません。

    現場の感触としては、能力のある人間にやる気を与えて仕事をした結果を、
    どうお金に変えるかの手腕が経営者や営業にあるかだと思っています。

    そういう手腕のある人で...続きを読む
  • デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか
    現在、デスマーチ案件に関わっているので、なにかしらのヒントを求めて買ってみた。

    この本を読んでわかったことは、デスマーチはたまたま発生するのではなく、ほぼ恒常的に発生するということ。そ
    今までは、管理者の管理能力不足だけがデスマーチ発生の原因と思っていたけど、プロジェクトの内部や外部を問わず、政治...続きを読む
  • ピープルウエア 第3版 ヤル気こそプロジェクト成功の鍵
    以下、ポイント
    マネージャーの役割は、人を働かせるのではなく、働く気にさせること。
    精神集中状態、フロー状態になるには15分以上の精神集中過程が必要。電話が鳴る、誰かが話しかける職場では困難。
    何カ月、何年の作業時間が、右脳のアハたいけアイデアにより解決する場合がある。音楽は右脳を占拠するので閃きを...続きを読む

特集