多岐川恭の作品一覧

「多岐川恭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/09/09更新

ユーザーレビュー

  • 練塀小路の悪党ども

    日本生粋のピカレスクロマン。

    初読は30年程前に成ります。
    丁度、同じ河内山を主題としたSF(?)小説『講談 碑夜十郎』半村良著を読んだばかりの時でした。
    なにぶん学生で歌舞伎の「河内山」など縁も所縁も無かった年頃でしたので、「悪党だけれど、本物の悪党は容赦なく懲らしめる」と云う筋立てにスッカリ嵌まってしまい、同様に河内山を...続きを読む
  • 濡れた心/異郷の帆
    うぉおっ、と。それだけでもう価値のある話ですが、刑事の兄とか、割と渋め路線の教師とか、もちょっと描写次第で、さらにどうにかなったと思うのです。
    もうちょっとおじさんと少女押しでも、と惜しいです。
    割と野末先生哀れ。周囲からの評判は著しく低いですが、超えちゃってる少女を理解している貴重な人材だと思うの...続きを読む
  • 馳けろ雑兵
    桶狭間―織田信長の運命を拓いた大戦は、麾下の雑兵の運命をも変えた。蛭間兵八は運よく手柄を立て、合戦のさなかに出会った女を娶る。ひたすら馳け、泥にまみれ、そして、女を抱く…。信長はじめ、名だたる武将のもと、合戦に明け暮れながら、兵八は激動の戦国時代を生き抜いていく。
  • 馳けろ雑兵
    戦国時代を舞台とした時代小説。主人公の雑兵・蛭間兵八が自分では侍に向いていないと思いつつ桶狭間に参陣し、危なくなると美女に助けられるという幸運をもつ艶福武者。その結果、そこそこの手柄をあげ、一廉の出世をしていくというお話だ。
  • 紅屋お乱捕物秘帖 心中くずし(電子復刻版)
     お乱さんがどんどん勇ましくなっている。ちょっといい男に言い寄られてるけど、相変わらず捕り物ひとすじ。
    かわりに、お時が伊之さんといい感じに?
    もう続編ないのかなー、面白いのになー。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!