デカルトの一覧

「デカルト」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/04/23更新

ユーザーレビュー

  • 方法序説

    1600年代の新しい科学や哲学が弾圧されてた時代に、生涯公刊せず、それでもこの本が後世に残ることを確信してるあたり、
    デカルトの自分自身の考えへの圧倒的な自信を感じた


    学問全般を極めた上でそれを全部疑いにかかるって、、考えられん
  • 方法序説
    基礎解析、代数幾何が大事かが分かりました。なんとなく数学は大事そうです。数学検定良いかもです。何かの番組で、あの林修先生も数学が大事みたいなことをおっしゃってました。
  • 方法序説
    デカルトの代表的な著作。彼の思想はこの本に要約されていると言ってもよいかもしれない。
     この本は一部から六部からなり、有名な「われ思う、ゆえにわれ在り」という言葉は四部にでてくる。この章では神の存在証明を試みており、先に述べた手法を用い論証をしている。
     五部では心臓の運動を中心とした身体の臓器の生...続きを読む
  • 方法序説
    20200512
    1637年、デカルト41歳の処女出版「理性を正しく導き、学問において真理を探求するための方法の話【序説】加えて、その方法の試みである屈折光学、気象学、幾何学」全500ページの大著の内、冒頭の78ページが「方法序説という序文」なのだそうだ。後の歴史が選択した通り、あらゆる哲学的思考の...続きを読む
  • 方法序説
    特に第二部を繰り返し読もうと思います。
    学問あるいは自分の思想の改革のための「方法」が、
    ・明証の規則
    ・分析の規則
    ・総合の規則
    ・枚挙の規則
    の四則で十分である。
    人間が認識しうる全てのことがらは、同じやり方でつながり合っている。
    以上のことが自分の思考、行動に習慣として身につくまで、繰り返し読...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!