「さくらねこ」おすすめ作品一覧

「さくらねこ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:さくらねこ(サクラネコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:イラストレーター

小説『恋人にしようと生徒会長そっくりの女の子を錬成してみたら、オレが下僕になっていました』(月見草平)、『それがるうるの支配魔術』(土屋つかさ)、『mgmg!先輩と俺の悩ましき日常』(葦原青)の挿絵やトレーディングカード『ヴァイスシュヴァルツ』のイラストなどを手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/20更新

ユーザーレビュー

  • それがるうるの支配魔術 Game6:リライト・ニュー・ワールド
    「それがるうるの支配魔術」の最終巻

    10年前の事件は終わっていなかった。
    そう、あらゆる意味で・・・


    タマキが頑張ったり、タマキがラッキーだったり、タマキが大活躍したりするけども、とりあえずるうる可愛い。
  • それがるうるの支配魔術 Game4:ロックドルーム・ゴッデス
    タマキの実家に帰省がてら皆で合宿する話。そこには神様がいて。
    タマキの過去に繋がる物語。3巻迄の幕間で何者かの暗躍を描き、一転しての転の場面。
    インナミさんのキャラクター 良いな。
    しかし、るうるより御剣の方が絡みが多くヒロインとして魅力的なのはお約束なのだろうか。
    るうるの嫉妬深さは可愛いが行動原...続きを読む
  • それがるうるの支配魔術 Game4:ロックドルーム・ゴッデス
    タマキの実家に旅行編。
    魔術の存在を知りもしなかったタマキの故郷には、とても美人な神様がいて・・・
  • レイヤード・サマー
    読み始めて,プロローグで鳥肌が立ち。そしてそのまま一気に読んでしまいました。大変素晴らしい作品でした。時折,読み切りでこんな傑作を出せるのが電撃の強さか。時間移動について,気になることは確かにあるし,どこまで理解できているかは分からないけれども。でも,細かいところはどうでもよく,凄く素敵で,切なくて...続きを読む
  • それがるうるの支配魔術 Game1:ルールズ・ルール
    『ルール(常識)がるうる(魔女)のルール(魔術)で変わる』
    題名だけ読んで買ってみたけどアタリだった。

    わがままというよりはマイペース(若干常識不足)な”世界災厄の魔女”るうると、”世界の理を変える魔法”をなぜか解除できてしまう主人公の・・・ラブ・・・コメ?

    とりあえず、続きが楽しみです。

特集