「中澤二朗」おすすめ作品一覧

「中澤二朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/22更新

ユーザーレビュー

  • 「働くこと」を企業と大人にたずねたい これから社会へ出る人のための仕事の物語
    採用しても人がすぐ辞めてしまったり、新卒採用を始めたりと、採用に関して、いろいろと考えるところがあったので、そもそも働くとは何か?という点に原点回帰し、何かヒントにならないかと思い読みました。

    考え方や、価値観など、形の無いものがテーマなので、1回読むだけでは、理解が難しい内容でした。
  • 「働くこと」を企業と大人にたずねたい これから社会へ出る人のための仕事の物語
    これから社会へ出る人だけでなく、今、企業で働いている幅広い年代層の人にも興味深い内容の書籍である。30年以上も人事分野で活躍されてきた著者ならではの視点も素晴らしい。「仕事の穴」という見方や、実践NJ法も面白い。そして、結論は、やはり「人の本質」に辿り着いている所に共感を覚えた。とても内容の濃い書籍...続きを読む
  • 働く。なぜ?
    新日鐵入社、現・新日鐵住金ソリューションズ人事部長の中澤二朗(1951-)による仕事論。

    【構成】
    序 章 留学生の「働くなぜ」
    第1章 仕事の窓-「働くなぜ」を解き明かす鍵
    第2章 なぜ人は仕事を嫌い、仕事に希望を託すのか-「仕事の窓」の4象限
    第3章 なぜ石の上に三年、下積み十年-「仕事の窓」...続きを読む
  • 働く。なぜ?
    「働く」と「稼ぐ」を明確に定義した整理付けは、結構新鮮だった。また、仕事の分類軸として「生業」と「天職」を使った4象限の仕事の整理は、かなり納得感がって興味深い。
    仕事を自分中心に考えず、他者を中心に考えることで意味づけを深化させることは、とても大切なことだと感じる。
    自己中心的な考え方に起因する限...続きを読む
  • 働く。なぜ?
    しごと穴と、しごと壁、いつもの仕事と、突発的な仕事などのカテゴライズから、仕事について考えさせられる本。