「宇野輝雄」おすすめ作品一覧

「宇野輝雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/03/23更新

ユーザーレビュー

  • 教会で死んだ男
    ポアロものを中心にした短編集。
    なぜ、ポアロもの以外を入れたのかの趣旨の説明がない。

    短編ものでは、似た作品があったり、重複して収録していたり、
    単行本、文庫にするのであれば、収集の方針を示して欲しい。

    「クラブのキング」は、終わり方が解せない面もあった。
    警察ではないとはいえ、犯罪に...続きを読む
  • 教会で死んだ男
    あれ?どこかで先に読んだような?
    村上春樹さんみたく、のちに別の作品に生まれ変わったものがありました。どれがそうなのかは読んでみて下さいね。
  • 教会で死んだ男
    短編集。メインはポアロものですが、表題作はミス・マープルもので、一作だけ怪奇幻想小説が収録。どの作品も探偵の特徴を生かしたものばかりで、面白かったです。ポアロものでは、ヘイスティングズも出て、久しぶりにホームズのような感覚で読むこともできました。
  • 教会で死んだ男
    短編集だからですけど、どの話も小品ですね。どこか物足りなさも感じます。物語としてもっと発展すればとか、人物の背景が感じられないというか。
    だからといって面白くないわけでもないです。長編ほど丹念に描かれていないだけで、哀しさが感じられる「スズメ蜂の巣」や現代の事件と過去のドラマがうまく絡んだ表題作など...続きを読む
  • 教会で死んだ男
    ちょっと時間が足りなかったので、全部読めたわけではない。
    借り物。
    そもそもミス・マープルが読みたかったので、タイトルにもなっている「教会で死んだ男」のみを読んだ。

    教会で男が死に、その死を見取った女性が、男の死と死後に起こったことに疑問を覚え、名付け親でもあるミス・マープルに相談したことから謎解...続きを読む