「諸岡達一」おすすめ作品一覧

【諸岡達一】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/02/24更新

ユーザーレビュー

  • 死亡記事を読む

    自らを「死亡記事アナリスト」と称する元新聞記者が、各紙に掲載された死亡記事を丹念に分析し、「訃報ジャーナリズム」を提言する本。
    各紙の扱いにより、その人物の評価が現れるという意見はもっともだが、同じ人物・同じ新聞の記事における一面(硬派)と社会面(軟派)の温度差も興味深い分析だった。
    スポーツ関係者...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 死亡記事を読む

    筆者は経歴を見ると分かるように、野球に深い思い入れがあるようで、本文中においても野球選手の記事について多くのページを割いており、野球にあまり感心がない自分にとって読んでいていささか苦痛であった。
    けれども、それは時間的な制約があるとはいえ、文化・社会に寄与した人に対してもう少し心を込めた記事を書いて...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 死亡記事を読む

    [ 内容 ]
    ここには人間のドラマがある。
    眼光紙背に徹すれば、たった十数行の記事でも、その一語一語が奥深い―。
    夏目漱石から司馬遼太郎まで、文学者の死はいかに報じられてきたか。
    芸能人はなぜバカでかい記事になるのか。
    経済人や野球選手の扱いは業績に比して小さい。
    名前の右に傍線が引かれる由来は。
    ...続きを読む

    Posted by ブクログ