「藤沢烈」おすすめ作品一覧

「藤沢烈」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/12/08更新

ユーザーレビュー

  • ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論
    気鋭の若手による復興とまちづくりの新時代を切り開く論戦の集録。行政に近いテーマだけあって地方政治の役割にふれているのも好感。
    何より、藤村龍至君が鶴ヶ島市での取り組みを紹介していますが、藤縄市長とつなぐのにかかわっただけに、それだけでもうれしい一冊です。
  • ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論
    ○NHK(Eテレ)の番組『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』の中から、2013年3月に放送された「僕らの復興論」と「僕らの地域活性化作戦」の2本を、放送の未公開部分を含めて再構成・書籍化されたもの。
    ○開沼博氏や古市憲寿氏など、1970年以降に生まれた論客(?)により、第1部は東日本大震災からの復興...続きを読む
  • 人生100年時代の国家戦略―小泉小委員会の500日
    昨年6月9日に「骨太の方針」が閣議決定された。そこには小泉新次郎を中心とした若手自民党議員が議論してまとめ上げた提言である「人生100年時代の社会保障へ」、「こども保険」などが自民党の政策決定プロセスに乗って取り入れられている。
    本書ではそこに至るまでの議論が詳細に綴られている。リンダ・グラットンの...続きを読む
  • 社会のために働く 未来の仕事とリーダーが生まれる現場
    一般社団法人RCF代表の一冊。

    啓発本というよりも、事例集的な一冊。

    勉強になりました。
  • 社会のために働く 未来の仕事とリーダーが生まれる現場
    東北復興のために働く若いコーディネイター。その考えを語った本。
    被災地で今起きている問題は今後世界が解決すべき問題になる、それ故に企業は社員を東北へ送る。社会の為に何ができるか、現場に寄り添い、そこから要望をくみ取っていく社会的企業の創成の場所に、もしかしたら東北はなっていくのかもしれません。