「長池とも子」おすすめ作品一覧

「長池とも子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/16更新

ユーザーレビュー

  • 崑崙の珠 1
    すごくBL臭がしますがBL漫画ではありません。

    腹違いの弟である主人公を憎む兄(多分ラスボス)の屈折した殺意が秀逸。

    家族や兄弟が関係するドロドロとした感情の描き方がとても魅力的な作品です。

    一般的にそういった複雑な感情を表現するのは女性の作家の方が優れていると思われますが、この作品もそういっ...続きを読む
  • 中国ふしぎ夜話 1 黄金の石榴
    長池とも子さんは、「崑崙の珠」が面白かったのですが、新しく出てたので、購入。中国もの好きですし。「夜話」とあることからも、1話完結の短編集になってます。

    趙青龍と白石生という二人の仙人が出てくるお話で、趙青龍も白石生も、人間臭さがあり、嫌々ながらも困っている人を助けてしまう趙青龍が結構好きですね。...続きを読む
  • 三国志異聞 鳳凰の恋
    曹操の息子の曹丕と袁家の嫁の甄氏のお話ですが、戦国の世といえ、哀しい結果のお話でした。

    仲むつまじい夫婦だった甄氏に一目惚れした曹丕が無理矢理甄氏を奪い、当然それを受け入れられない甄氏の前に夫の首を見せたり、無理に奪って子を成したり。ひどい男なんですけど、時間が経つと情も湧くというか、だんだん惹か...続きを読む
  • 三国志烈伝 破龍 1
    2006年度最初の本の感想は、三国志です。
    といっても、それほど真面目なものではないです。

    うーん、英さんのイメージが、「時の地平線」とほとんどいっしょでした。
    このイメージ好きです。
  • 旅の唄うたいシリーズ 2
    「旅の唄うたいシリーズ」の2巻目でしたけど、あんまり夜烏の出番はなかったかな?

    始皇帝と呂不韋、李斯と韓非、司馬遷のお話でしたけど、始皇帝って兵馬俑くらいしか知らなかったから、これはこれで楽しめました。

    呂不韋が鬼畜かと思いきや、国に残してきた政に食べ物を届けたりして、意外に子思いなところがある...続きを読む