「たなかのか」おすすめ作品一覧

「たなかのか」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/11/15更新

ユーザーレビュー

  • タビと道づれ 6巻
    刻の大地のほわほわした雰囲気が好きな人は好きではないかと!
    とても癒される作品。のんびりと夏休みに読みたい感じ。(とっくに学生ではないけれど。)
    タビの感性を通して目の前の日常を見直したら、全然違う世界が見えてくる気がする。

    広島出身者としては方言も心地いいです。
  • すみっこの空さん 5巻
    ハルさんからの手紙と、空さんのいつものひと言が、とうとう神さまを再び歩み出させることに。
    神さまの苦い経験、思いが明かされて、夕ちゃんのもやもやも理解できて… みんなこれから変わって行くのかな? ハルさんの苦しい恋は昇華されるんだろうか?

    ちょっと泣けてくるいいお話しでした。
  • すみっこの空さん 3巻
    ジーンとくるエピソードがいっぱいの三巻でした。前二冊よりもぐっときます。

    神様の幼い頃のお話し「そうぞう」「つぐない」、夕ちゃんの踏み出した一歩「ことば」、ねぐせはゆめのおはなしのドッグイア「にちようび」、幼い初恋「なまえ」。神様のお話しは切ない物ばかりで、幸せになって欲しいと思います。
  • すみっこの空さん 3巻
    漫画の割に相変わらず読むのに手間取ります。考えながら読んでしまう。

    エピソードもシンプルで、イラストも可愛いですが、一緒にいろいろ考えてしまいます。人間の思想上切っても切れそうにない恋愛なネタもちらほらと。小さい頃のなにも恐れない好奇心なんかも振り返るのは酷く怖く感じますね。

    靴の片っぽ無くして...続きを読む
  • すみっこの空さん 1巻
    表紙の絵の可愛さと
    哲学の漫画だと説明されていた書店のPOPを見て購入。

    哲学は元々好きなのですが
    考え過ぎて苦しくなる事もよくあります。笑

    この漫画の哲学は堅くなく、寧ろ柔らかい。
    だから胸にすーっと入ってきて
    生きるパワーまで貰える。

    不思議な漫画です。すっかり虜。

特集