稲垣美晴の作品一覧

「稲垣美晴」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

ユーザーレビュー

  • フィンランド語は猫の言葉
    このごろフィンランドのエッセイを立て続けに読んだので、もやもやと一緒くたになっていた北欧の中から、フィンランドがぬっと立ち上がってイメージができました。
    家具やインテリアのイメージしかなかったけれど、言葉や生活の話を読むと突然身近な存在に感じます。

    稲垣さんの言葉はリズムが良くってとても読みやすか...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    フィンランドがマイブームになっているところで目についたこの本。私は猫語が得意だし、フィンランド語に向いてるかも?ということで読んでみた。
    そもそもこの著者、どうしてフィンランドなのかというと、フィンランドの美術史に興味があるので留学ということだそうだ。芸大なのに芸術より語学…芸大なのに?というか、芸...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    面白かった!

    フィンランドでの経験を、あれだけクスッと笑えるような、知的でユーモアのある文章で読者を惹きつけれる稲垣さん、素敵すぎる。

    今まで読んだエッセイの中で1番好きかも^_^

    寒いの苦手な私でも、「マイナスごっこ」してみたいと思ってしまった。

    フィンランド語を少しかじった人間なので、フ...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    表題への?と北欧への興味から読み始めた。
    筆者の留学生活について、言語に重きを置いて書かれていた。
    外国での生活は、彼女の圧倒的な努力によって色づいたものなのだと感じた。
    現地の人との関わりや、寒さに対しての言及があった章が特に印象深かった。
    私は、恥ずかしながら留学について抽象的なイメージしか持っ...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    フィンランドはトランジットで一度降り立ったきりだが、外が真っ暗だったにも拘らず何故かほっこりしたのを覚えている。「乗り換えと言わず、いつかこの国でガッツリ過ごしてみたい」と思ったのも。
    その後もSNSでフィンランドの幻影を追い続けていた中で、akikobbさんに本書をご紹介いただいた。(有難うござい...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!