稲垣美晴の一覧

「稲垣美晴」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/04/24更新

ユーザーレビュー

  • フィンランド語は猫の言葉
    このごろフィンランドのエッセイを立て続けに読んだので、もやもやと一緒くたになっていた北欧の中から、フィンランドがぬっと立ち上がってイメージができました。
    家具やインテリアのイメージしかなかったけれど、言葉や生活の話を読むと突然身近な存在に感じます。

    稲垣さんの言葉はリズムが良くってとても読みやすか...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    フィンランドがマイブームになっているところで目についたこの本。私は猫語が得意だし、フィンランド語に向いてるかも?ということで読んでみた。
    そもそもこの著者、どうしてフィンランドなのかというと、フィンランドの美術史に興味があるので留学ということだそうだ。芸大なのに芸術より語学…芸大なのに?というか、芸...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    面白かった!

    フィンランドでの経験を、あれだけクスッと笑えるような、知的でユーモアのある文章で読者を惹きつけれる稲垣さん、素敵すぎる。

    今まで読んだエッセイの中で1番好きかも^_^

    寒いの苦手な私でも、「マイナスごっこ」してみたいと思ってしまった。

    フィンランド語を少しかじった人間なので、フ...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    1970年代に単身でフィンランドに留学(渡芬)したエッセー。
    フィンランドに行くことを、渡芬って言うらしい。

    フィンランド語の学習を通して出会った、現地の文化・風習が詳しく描かれている。冬になると海の上を歩く話や、コーヒーの受け皿の使い方の話、お城のようなホールで一人暮らしをした話など、刺激的だっ...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    大変軽妙文章で、しかも細かく区切られていることもあって、非常に読みやすかったです。
    もっとエッセイ寄りかと思っていたのですが、フィンランド語そのものについてかなり詳しい分析があり、文芸書としての読み応えもあったように思います。

    北へ行きたい人は死に対する思いがあるというのはなるほど、と思った点。思...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!