稲垣美晴の一覧

「稲垣美晴」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/24更新

ユーザーレビュー

  • フィンランド語は猫の言葉
    面白かった!

    フィンランドでの経験を、あれだけクスッと笑えるような、知的でユーモアのある文章で読者を惹きつけれる稲垣さん、素敵すぎる。

    今まで読んだエッセイの中で1番好きかも^_^

    寒いの苦手な私でも、「マイナスごっこ」してみたいと思ってしまった。

    フィンランド語を少しかじった人間なので、フ...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    「電子書籍がセール価格になっていた」「最近気になってるフィンランド」「表紙がかわいい」と三点セット揃ったので買って読んだ。著者稲垣美晴さんは1952年生まれということで私からするとだいたい親世代。1970年代終盤、東京芸大(芸術学)在籍中にフィンランドへ留学したさいの、語学習得奮闘記。フィンランドに...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    海外体験、言語学に興味がある人なら、より楽しく読めると思います。
    何十年も前に書かれてるのに、古くささを感じないことに感動しました。海外体験エッセイなのに、なんでだろう。。。
    たまには、ブラジル以外の国も読んでみるといいもんだなぁと思ったので、コロナで海外いけないのでので、読書で海外旅行したいと思い...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    先日読んだ津村記久子の『枕元の本棚』でも紹介されていたので、積読棚から順番を繰り上げて読んでみました。
    最近の話なのかと思ったら、もう40年も前に出版された本が、何度目かの出版社のお引越しで出版されたものなんですね。
    つまり従来から相当読まれている本なんですね。ふむふむ。

    のっけから「解体新書」...続きを読む
  • フィンランド語は猫の言葉
    フィンランド語学留学を題材としたエッセイ。細かい言語の説明は正直ほぼ読み飛ばしたが、エピソードや言い回しが明るくコミカルでとても面白い。また今でこそ遠い国のフィンランドの様子も調べればわかるのだろうが、40年以上も前となると、この本でしか当時のその様子は得られないのではないだろうか。何度も新装版が出...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!