勝山海百合の一覧

「勝山海百合」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/07更新

ユーザーレビュー

  • 厨師、怪しい鍋と旅をする
    厨師、つまり料理人として渡り歩いている斎錬の持っている鍋は預かり物であるが、なんでも美味しくする不思議な鍋である。鍋だけでなく、彼の腕も確かなので、美味しそうな話が続く。色々な場所で料理をしての話が、オムニバスのように続いていって、それらのエピソードが所々で繋がっていく構成になっている。穏やかな語り...続きを読む
  • 厨師、怪しい鍋と旅をする
    サイン本を購入。
    中華×ごはん×幻想怪異の短編集で、主人公・斉鎌がほどよくとぼけた風合いなのが良かった。人情ものだけでなく、ごうつく張りが痛い目を見るとか、お話のテイストも色々、登場人物も(まさに)煮ても焼いても食えないタイプが多くて楽しく読めました。面白かった!
    基本的にどれも後味の良いお話なのも...続きを読む
  • 厨師、怪しい鍋と旅をする
    優れた厨師を輩出することで有名な斉家村に生まれた見習い料理人・斉鎌は、ある日見知らぬ男から不思議な鍋を借り受ける。しかしそれは煮炊きをしないでいると腹を空かして動物や人間を襲い始める、とんでもない鍋であった。鍋を返すまで故郷に帰ることは叶わない―流浪の身となった斉鎌は、鍋とむらに代々伝わる霊力を持っ...続きを読む
  • 厨師、怪しい鍋と旅をする
    『戦場の厨師』
    『湖州の粥』
    『鳳嘴苑ホウシエン』
    『石棺いっぱいの蜜』
    『古家の怪』
    『孫氏令嬢誘拐事件』
    『川神への供物』
    『黒糖と胡桃』
    『再会の木蘭』
    『乳の味』
    『紅鶴楼縁起』
  • 狂書伝
    念が籠り災いを引き起こそうとしている書を手に入れ成仏させようとする主人公は、不思議な力を持ち大胆だが、万能ではなく冷淡でもなく、故に傷つけるものの少ない方法を選ぶ。問題の書は目指す場所にあるのか、手に入るのか。
    記録文書の様に淡々と重ねられる文章に可笑し味と奥行きがある。
    登場する人物達はそれぞれの...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!