C・オットー・シャーマーの一覧

「C・オットー・シャーマー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/09更新

ユーザーレビュー

  • 場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践

    スクライビングを実践する上で、抽象度と五感への依存が高い部分を言語化した一冊。実践と理論の行き来の中で繰り返し読んで血肉にしたい。
    U理論の併読がWantか。

    備忘録

    ・スクライビングは本質的には参加型のソーシャルアート
    ・内面と外面に同時に注意を向け、複数の情報を処理する
    ・5つの領域:在る...続きを読む
  • 場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践
    U理論や学習する組織などは、少し触れたことがあるが、なかなか理解しづらい部分がある。
    この本では、そのパーツパーツをスクライビングという技術を通じて、少し理解できるようになった気がする。

    時間をおいて、たまに読むと、
    自分の立ち振る舞いを見直すきっかけになりそう。
  • U理論[エッセンシャル版]― 人と組織のあり方を根本から問い直し、新たな未来を創造する
    昨年、「U理論第2版」を読んで、「U理論」の初版以降の実践事例の積み上がりや方法論の進化を感じていたので、その復習くらいのつもりで読んだのですが、なんかこれはガンときました。

    これは第2版の要約ではなくて、「出現する未来から導く」の内容も踏まえたエッセンシャル版。

    そして、第2版との読み比べをし...続きを読む
  • U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
    コーチングでは、相手と共有する「安全地帯」を醸成するために、まず「傾聴」が重要であるとする。それが第一のステップであると。「7つの習慣」でも、まず相手を理解してからでないと、こちらの言い分は聞いてもらえないと説く。

    リーダーの立場の時間が長いとか、常により良い状態を目指して努力、勉強を続けていると...続きを読む
  • 出現する未来から導く ― U理論で自己と組織、社会のシステムを変革する
    サンクコスト、しがらみ、そういったものから如何に囚われない判断ができるか。その昔、ある役員の凄いところを聞いた先輩が「囚われないところ(捉えどころがない、ではない。)」と評したことを思い出す。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!