C・オットー・シャーマーの一覧

「C・オットー・シャーマー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/09/09更新

ユーザーレビュー

  • U理論[エッセンシャル版]― 人と組織のあり方を根本から問い直し、新たな未来を創造する
    昨年、「U理論第2版」を読んで、「U理論」の初版以降の実践事例の積み上がりや方法論の進化を感じていたので、その復習くらいのつもりで読んだのですが、なんかこれはガンときました。

    これは第2版の要約ではなくて、「出現する未来から導く」の内容も踏まえたエッセンシャル版。

    そして、第2版との読み比べをし...続きを読む
  • U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
    コーチングでは、相手と共有する「安全地帯」を醸成するために、まず「傾聴」が重要であるとする。それが第一のステップであると。「7つの習慣」でも、まず相手を理解してからでないと、こちらの言い分は聞いてもらえないと説く。

    リーダーの立場の時間が長いとか、常により良い状態を目指して努力、勉強を続けていると...続きを読む
  • 出現する未来から導く ― U理論で自己と組織、社会のシステムを変革する
    サンクコスト、しがらみ、そういったものから如何に囚われない判断ができるか。その昔、ある役員の凄いところを聞いた先輩が「囚われないところ(捉えどころがない、ではない。)」と評したことを思い出す。
  • U理論[エッセンシャル版]― 人と組織のあり方を根本から問い直し、新たな未来を創造する
    中土井僚さんの「U理論入門」が刺さったので、提唱者オットー・シャーマー氏のこの本に手が伸びた。

    しかしこんなに宗教、自己啓発、スピリチュアル、有機野菜信者の色を放っていたとは。。。一般的な日本人にっては、「オペラ風の映画」くらい違和感というか、拒否感を反射的に身にまとってしまうんですよね。これがま...続きを読む
  • U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
    第1版より、だいぶ薄くなった印象の第2版。

    ページ数では、605ページが、585ページと20ページくらいの減少だが、紙質が変わったせいもあるのか、それ以上にコンパクトになった印象。

    あと、30ページくらいの前書きが追加されているので、本文は、50ページほどコンパクトになったことになる。

    コンパ...続きを読む