「麻倉一矢」おすすめ作品一覧

「麻倉一矢」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/02更新

ユーザーレビュー

  • 一本槍疾風録――戦国豪将・後藤又兵衛
    好きだから憎いこともある。「殺して己のものにしたいと思っているのかもしれん」とまで告白してる長政。時代が変わっていく中、変わる事ができない(しない)又兵衛は武将としての死に場所を得て幸せだったのではないかと。
  • 剣客大名 柳生俊平 将軍の影目付

    剣客大名柳生俊平将軍の影目付

    久し振りに面白い痛快時代劇小説に会いました。読んでいて知らず知らずに引き込まれ大名、町人、将軍家、大岡越前、等を登場させて尚且つ庶民を味方につけ町方のいざこざから思いがけないお家衝動、剣客としての流派等
    読んでいて引き込まれて行きます。
  • 雅や京ノ介 南朝の刺客
    第二弾
    良く分からないが十代将軍の時代に南朝の後胤が、母が天皇に近づけられた密偵?そして無事に江戸にいることが分かり対面は果たすが!
    宿敵となりそうな醍醐彦九郎!
    この程度の内容での続きはシンドイ
  • 将軍の影法師 葵慎之助 修羅
    第四弾
    結構じれたい展開、家重と弟の田安一橋家の争い?
    幕閣の大部分が敵対してるためか兄弟思いか結末を長引かせている
    鉛、水銀をを使った仕掛けに根来忍者が
    これからもこのパターンで続くのか?
  • 将軍の影法師 葵慎之助 薄氷
    第二弾
    吉原の花魁3人が行方不明、秘かに殺され身代わりが御庭番が化けて将軍の暗殺に、蛍姫の活躍で阻止
    今度は薩摩藩を巻き込んだ大岡暗殺計画、
    九代将軍家重と弟の田安一橋一味の陰謀、何か無理がある?

特集