三咲光郎の一覧

「三咲光郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/07更新

ユーザーレビュー

  • 上野の仔(ノガミノガキ)
    三咲光郎『上野の仔』徳間文庫。

    ノガミノガキ。文庫書き下ろし。終戦直後の上野でひとり家族の帰りを待ち続ける鞍馬民雄の過酷な運命がテンポ良く描かれる。なかなか面白いが…哀しい…

    東京大空襲で母親、弟と生き別れた鞍馬民雄は奇跡的に残った自宅の防空壕で家族を待ち続ける。民雄の家を奪おうとする孤児、人さ...続きを読む
  • 特務機関ラバーズ 月光の母神
    ラバーズ解散後、伊吹司は防衛省の通常任務に戻っていた。しかし、アメリカの要人を警護中、その要人を何者かに殺されてしまう。「殺し屋はプロだ。これは何か国家的な陰謀があるのでは」と訝しむ司。事件後、ラバーズに召集される司だったが、そこには一癖も二癖もある人物たちが集まっていて……。日本を飛び越えアメリカ...続きを読む
  • 特務機関ラバーズ 秋桜の帝国
    初めて読む作家の作品。テロと闘う「非国家機関」というのがポイント。「もぐら」シリーズのような荒っぽい展開にはなりません。何だかすっきりしない結末。シリーズ化されるという触れ込みだが、次は多分読まないと思う。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!