山本茂実の一覧

「山本茂実」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/29更新

ユーザーレビュー

  • あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史
    映画やドラマは見たことは無いですが、話だけは聞いていました。雪の深い峠の山道を小さな女の子たちが仕事のために死に物狂いで歩き、そして死にそうになるくらいまで製糸工場で働かされるというお話だと。

    こういう聞いていた苦労話と違って、当時の日本の歴史的背景が詳しく書かれていて、明治維新から世界へと進出す...続きを読む
  • あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史
    悲しい。でも約100年前の工女さんたちが今の日本の基盤を支えてくれたのだなぁとありがたく思う。
    外部から見たら悲惨な環境に見えても、当事者たちは意外とそうは思っていなく、むしろ感謝しているフシもあるという点は、現代のサラリーマン生活にも似たようなものを感じる。(当時に比べて現代は格段に恵まれているが...続きを読む
  • あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史
    雪と氷の峠を越えて生糸紡ぎに励んだ女工哀歌。壮絶な生き様が描かれるが、明治大正の飛騨の娘たちにとっては生きるための必然だった。現代で言えば残業過多のサラリーマンか、あるいは日本人のために魚の骨をとるアジア諸国の女工さんか、はたまたミニカー組立の。。。
  • あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史

    プロレタリア文学の金字塔と言われた
    小林多喜二の「蟹工船」を読んで
    すっかり打ちのめされたのも束の間

    蟹工船が男の世界であるなら
    女の世界でも、悲惨な労働環境があったのではないかと
    単純に思ったのがきっかけ

    そう言えば、昔TVでやってた「あゝ野麦峠」
    殆ど内容は覚えてないけど
    幼心に、そこはか...続きを読む
  • あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史
    持たざる日本が外貨を稼ぐにはここまでしなくてはならなかったのか、と改めて。女工哀史は小学校の社会科で初めて知ったが、富岡製糸場を実際見たのはつい最近。峠を越えるという言葉を実感出来る話だった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!