「高谷清」おすすめ作品一覧

「高谷清」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/12/16更新

ユーザーレビュー

  • 重い障害を生きるということ
    重症心身障害児者は寝たきりでこちらの問いかけにも反応を示さないので、ただ「生きているだけ」に見えるが、「生きているだけ」だからこそ、彼らが粗雑に扱われる社会はいのちが大切にされない社会。この考え方に心から同意した。我々は重症心身障害児者を見て「幸せなのだろうか」と思ってしまうが、その考え方自体がナン...続きを読む
  • 重い障害を生きるということ
    まずは、第一歩。あのような事件が起きた今、障がい者を本当に尊いと考える第一歩になりました。知らないということは恥ずかしい。逃げていてはダメ。命を考えさせられる本。
  • 重い障害を生きるということ
    とても優しい視点を感じる本。
    ただ優しいだけではなくて息を飲むような重い障害に、毅然と対処しようとする優しさ。

    重障害を抱え、自らの身体能力ではただ生存することさえ難しい人たち。神経や筋肉が発達しないために動くことはおろか姿勢を保持することもできず、呼吸をすることですら体力を消耗する。思考や感覚が...続きを読む
  • 重い障害を生きるということ
    重い障害を生きるということ 高谷清 岩波新書

    障害の問題に関係なく皆に読んでもらいたい
    内容の濃い素晴らしい本だし咀嚼されていて分り易い

    医者である前に人間として活きている人が
    この殺伐とした競争原理至上主義の現代社会にもいたのだ
    特に感銘するのは管理による強圧的な恐怖で
    人間をつなげて社会を育...続きを読む
  • 重い障害を生きるということ
    重い身体障害と重い精神発達遅滞を併せ持った重症心身障害児(者)の施設で働く医師が、障害者と接しながら人間や社会、生きるということの意味について思索する。脳も感覚器官も機能していなくても、筋肉の硬直や分泌など動きうる体のあらゆる反応で、重症心身障害者たちがよりよく生きようとする姿を通し、障害者も健常者...続きを読む