福田篤人の一覧

「福田篤人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/24更新

ユーザーレビュー

  • デザインコンサルタントの仕事術
    デザインの本でも、コンサルの本でも、仕事術の本でもない。
    「『壊れていなければ触るな』という態度が破壊的思考の敵である」
  • デザインコンサルタントの仕事術
    原書のタイトルは「Disrupt」(破壊)。
    破壊的思考は、常識を打ち破るもの(従来の改善とは全く異なったレベルで)。

    ペインポイントではなくリトルミスマッチを起点にするところがポイント。
    ストレスを感じているところに「すき間」を見つけ、すき間を埋めることから破壊的なソリューションを導き出す。
    ...続きを読む
  • サイレント・ニーズ ― ありふれた日常に潜む巨大なビジネスチャンスを探る
    ロフトワークの林さんが紹介してくれたヤン・チップチェイスの1冊。確かにポップアップ・スタジオ(本の中では即席スタジオと訳)や、現場での観察スタイルなどが詳しく描かれている。興味深いのは街を見るに良いのは、4amくらいの早朝だそう。何を見るのかではなく、何を感じ取るか、その本質に気づくヒントになる。
  • サイレント・ニーズ ― ありふれた日常に潜む巨大なビジネスチャンスを探る
    初めて訪れた土地では、現地の人々にとっては常識で気に留めないようなことでも、新鮮に感じることがある。新商品のデザインに必要なのは、このように物事を先入観に囚われずに「見る」ことであり、そのための手法や要諦を「デザインリサーチ」のプロが解説した一冊。

    人々があるニーズを満たす際には「最低満足度」と「...続きを読む
  • デザインコンサルタントの仕事術
    イノベーションを起こすには常識を疑い、「もし・・・なら?」を考え続けることが必要。また、製品やサービスの断片、利点をどう混ぜ合わせるかによって破壊的アイデアは生まれる。さらに、そのアイデアにどんな名前を付け、どんなプレゼンをするかによって、イノベーションを起こすことができるかは大きく左右される。