クレイトン・M・クリステンセンの一覧

「クレイトン・M・クリステンセン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/10/17更新

ユーザーレビュー

  • イノベーションへの解
    クリステンセンのイノベーションに対する取り組み仮説について記した本。名著
    イノベーションにおける名著。イノベーションに関連する各重要論点に対してどう取り組んでいくべきかについての示唆を与えてくれる。

    <メモ>
    ・イノベーションのプロセスでは中間管理職が極めて重要な役割を果たす。信憑性を担保するため...続きを読む
  • 繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学
    イノベーション論の大家による、貧困を抱えた国々に対する経済的援助の多くが陥る失敗を避け、持続的な繁栄をもたらすためには、インフラや法制度の整備よりも市場創造型のイノベーションが先決であることを説いた一冊。

    著者によれば、経済的貧困とは人々が「解決すべきこと(ジョブ)」があるのに入手可能なサービスや...続きを読む
  • 繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学
    根底に「イノベーションのジレンマ」、「ジョブ理論」を備えた本書で語られる繁栄のパラドクス。

    外挿される支援は一時的なものであり、継続的な発展には内発的なイノベーションが必要であること。
    ある場所でうまくいったイノベーションをそのままの形で間借りしてもうまくいかないこと。
    一見、そこに市場がないよう...続きを読む
  • ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム
    イノベーションのジレンマと同様、なかなか骨の折れる本だったけどこの本の“ジョブ”は一貫して「顧客のジョブ(片付けたい用事)を理解し、集中することが、運に頼らずにイノベーションを起こす方法である」というメッセージを読者に伝えること。
    まずはジョブを明らかにすること、そしてジョブを中心に組織を編成しプロ...続きを読む
  • ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム
    購買行動のメカニズム、ユーザーは機能でなく解決したいジョブ(課題)の為に商品を雇用するという考え方。有名なミルクシェーキ以外も、実例が多く読みやすい。付加価値をつけて売るかという目線では、エスキモーに氷とか100円のコーラを1000円に近いかと思う。

特集