「柏木吉基」おすすめ作品一覧

「柏木吉基」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/28更新

ユーザーレビュー

  • 「それ、根拠あるの?」と言わせないデータ・統計分析ができる本
    データ分析の仕事をする時に勧められた一冊です。 紹介している技術や分析手法は非常に簡単ながら、注意すべきポイントを端的に示してくれているので、非常に勉強になりました。本当にこれからデータ分析のお仕事をするぞという方向けのようです。 この本を参考に分析を進めていきたいと思います!
  • 統計学に頼らないデータ分析「超」入門 ポイントは「データの見方」と「目的・仮説思考」にあり!
    空き時間を利用してサラリと読ませていただきました。
    著者の柏木吉基 さん(データ&ストーリー 代表)は、多数の本を出版されていますが、新書ははじめてだそうです。(p.177)
    タイトルにあるように、「超」入門なのでこの領域にすでに知識のある方々にとってはミスマッチが生じますが、そうではない最初の一歩...続きを読む
  • 日産で学んだ世界で活躍するためのデータ分析の教科書(日経BP Next ICT選書)
    標準偏差、相関係数、散布図、単回帰分析など、少し前まで何となく名前を聞いたことがあった用語が理解できるようになってきたし、実務での活用の仕方もイメージできてきた。更に複雑な分析手法は意外と活用しづらいということも再確認できた。とてもためになった本。10年前に読みたかった。
  • 統計学に頼らないデータ分析「超」入門 ポイントは「データの見方」と「目的・仮説思考」にあり!
    まさに今の自分に必要だった本!

    実務の現場では「実績を整理」して報告書やプレゼンして終わり、というケースが多い。

    データを扱う上で最も基本となるのが「データをどう見るのか」という視点。「分解」して中身を除くことが分析の基本。

    一般的なアプローチとしては、差が出やすい切り口を優先的に考える。

    ...続きを読む
  • 日産で学んだ世界で活躍するためのデータ分析の教科書(日経BP Next ICT選書)
    単なる分析スキルではなく、組織内での壁の乗り越え方にも言及があり、実践的実務書である。

    課題発見→解決方法の提案まで一貫で書かれているので、腹にも落ちやすい。

    「統計学は最強の学問である」といった類書よりも記述が絞られているので、時間があまりない人へもおすすめ。


    【メモ】
    目的・課題の明確化...続きを読む

特集