「吉本浩二」おすすめ作品一覧

「吉本浩二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:吉本浩二(ヨシモトコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 富山県
  • 職業:マンガ家

日本福祉大学卒。作品に『昭和の中坊』(原作:末田雄一郎)、『ブラック・ジャック創作秘話』(原作:宮崎克)、『日掛け金融地獄伝 こまねずみ常次朗』(原作:秋月戸市、原案:青木雄二)などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 昭和の中坊 1巻

    竹光くんww

    面白すぎる!昭和の終わりの中学生(2年の途中で平成になりました)だったのですがあるあるも多く情報社会じゃなかった時代の懐かしさがこみ上げました。
    竹光くんが大好きです
  • ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~
    手塚治虫という天才とそれを取りまくアシスタント、編集長、編集担当など、当時の空気がよく伝わってくる。

    青春モノというぐらいの登場人物たちの熱さ、とりわけ手塚治虫のピュアさには感動するが、ずっと第一線を走り続けていた人だと思っていたので、一世を風靡したあと、連載を断られるような不遇な時期があったなん...続きを読む
  • ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~ 2
    松本零士さんも手塚先生のアシスタントをやったことがあるということにもびっくりだけれど、あらためて手塚先生の漫画(アニメ)にそそぐ情熱と求心力みたいなものに感嘆。どうやら、隣でみていた娘も興味を持った様子。試験が終わったら借りたいそうで、再度予約が必要そうです。
  • ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~
    ブラックジャックに魅せられたのは、小学4年生の頃。(大人になってまとめ買いしたが)手塚治虫先生の漫画やアニメへそそぐ情熱が伝わって来て素敵。アシスタントの方々も本当にすごい人たちばっかりだったんですね。
  • 淋しいのはアンタだけじゃない(3)
    2巻から間を空けたくなくてすぐに読みました。
    映画「FAKE」で疑問に思った「音は多少なりとわかるのか」はこの作品でもすんなりとはわからず、さらには描写をきっかけにご夫妻と距離ができてしまったことが明かされびっくりしました。
    映画でもかなり繊細というか気難しさが垣間見られたけれど、ピタッと心を閉ざし...続きを読む

特集