磯山友幸の一覧

「磯山友幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/12/14更新

ユーザーレビュー

  • 「理」と「情」の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス
    日経記者によるコーポレートガバナンスについて書かれた本。親子の仁義なき戦いといわれた大塚勝久創業者と娘の久美子社長との経営権争いについて詳しく説明されている。「情」に訴える創業者と淡々と将来計画を説明する「理」の久美子社長の争いは、株主総会で娘に軍配が上がる。一昔前なら、厚い人間関係から創業者が勝っ...続きを読む
  • 破天荒弁護士クボリ伝
    話題の一冊、読みました。非常に面白かったのですが、今、弁護士生活22年目の自分を振り返り、考えさせられることもたくさんあります。
  • 2022年、「働き方」はこうなる
    数値が本文中に出てくるときに漢数字だとどうにも読みにくい。縦書きだから仕方ないのかもだけど、どうにかなならなかったのかな。正社員型でなくジョブ型に変わるべきだという考え方には賛成。日本の未来に期待。またまたリゲインのCMが日本の労働環境の黒歴史として紹介されている。WAAの考え方はたしかにありがたい...続きを読む
  • 破天荒弁護士クボリ伝
    文章があまりに下手で、ライターさんつけてるのにこんなに稚拙なのはなんで?構成も練られておらず、同じエピソードが違う文脈で複数回出てきたりして、全く整理されていない印象。急ぎだったのか、そうでなければすごく適当な仕事をしている。その辺全く納得いかない。
    反面、内容は非常に面白かった。音楽でいえばパンク...続きを読む
  • 「理」と「情」の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス
    騒動について時系列によくまとまっている本、この問題は単なる親子喧嘩ではなく、コーポレートガバナンスの問題という視点で捉えられていて面白い内容だった。