つくしあきひとの一覧

「つくしあきひと」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/28更新

ユーザーレビュー

  • メイドインアビス(1)

    4から

    1から3巻までは美しい絵と冒険物語。4巻きぐらいから絵も内容もかなりホラーっぽくなります。話の流れと、丁寧に書かれた一コマ一コマ。まさに作者の魂が込められた作品だと思います。1冊の読みごたえがすごい。キャラの絵の評価がいまいちみたいですが、私としては 残酷かつ気持ち悪いシーンの後のリコの表情や、レグ...続きを読む
  • メイドインアビス(8)

    成れ果て村

    ヴエコによる成れ果て村の成り立ちが語られる。
    おそらく今よりもずっと昔、黄金郷を求めてアビスに潜る人間たちがいた。
    現在で言う深界六層、ショウロウ層まで幸運にもやって来られた探索隊は六層で抗えない未知の生命に遭遇するが、幼い少女を犠牲にして生き残る。
    壮絶だった。
    遺物というものは計り知れない力を秘...続きを読む
  • メイドインアビス(7)

    深界六層

    深界六層成れ果て村に迫る巻でした。
    異形感の強かった成れ果てたちも見慣れてくると徐々に可愛く見えてきますね。
    価値のやりとりというのが抽象的で、しかも交渉によっては値切ることも可能というのが難しくて、頭が理解することを拒んでしまいます。
    比較的言葉を話せるムーギィやヴエコに会ってからは、成れ果て村の...続きを読む
  • メイドインアビス(5)

    プルシュカ

    ボンドルドとの戦いに決着がつきます。
    異常な環境で真っ直ぐ育ったプルシュカ。リコと交流するうちに一緒に外の世界を冒険したいという気持ちを強くしていきますが、その愛情深さゆえにボンドルドのためのカートリッジになってしまいます。姿の変わってしまったプルシュカにメイニャが駆け寄る場面は、衝撃で涙も出ません...続きを読む
  • メイドインアビス(4)

    黎明卿ボンドルド

    黎明卿ボンドルドとの邂逅が描かれています。口調が穏やかなので異常性が際立ちますね。
    三人寄れば文殊の知恵と言いますが、リコレグナナチが互いの得意分野で能力を発揮して課題を解決する姿が良いですね。六層の上昇負荷でボンドルドを殺す作戦は成功に思われましたが、プルシュカのお守りの祈手(アンブラハンズ)に間...続きを読む