「佐々木紀彦」おすすめ作品一覧

「佐々木紀彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐々木紀彦(ササキノリヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1979年
  • 職業:ビジネス誌編集長

慶応義塾大学総合政策学部卒。著書には『5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?』、『米国製エリートは本当にすごいのか?』がある。

作品一覧

2018/03/25更新

ユーザーレビュー

  • 5年後、メディアは稼げるか?―MОNEТIZE ОR DIE ?
    この本が書かれたのが2013年、まさに署名にあるように「5年後、メディアは稼げるか」を問う年である2018年にやっと手に取り読みました。既存メディアの実際の経営状態はどうなのかはわかりませんが、書籍では「新聞社崩壊」とか「躍進するコンテンツ、淘汰されるメディア」とか曲がり角に警鐘を鳴らす本がいっぱい...続きを読む
  • 日本3.0 2020年の人生戦略
    日本では、街は安全で、ご飯はおいしく、経済の低迷が続いているとはいえ、世界の中ではまだ相対的に豊かです。しかしながら、そんな平和な時代もついに終わりを告げようとしています。安寧の日々が続くのもせいぜい2020年まで。それに前後して、日本にはほぼ確実に修羅場が訪れます。それは、数年に一度のものではなく...続きを読む
  • 5年後、メディアは稼げるか?―MОNEТIZE ОR DIE ?
    紙からデジタルへ・・
    メディアの世界における、この新しい流れはどこまで進むのだろうか。

    日本では数少ないウェブメディア系の成功例の一つ、東洋経済オンライン。
    その編集長が書いたこの本には、世界におけるウェブメディアの現在と未来予測が書かれている。

    デジタルへと急速に移行するアメリカのメディア界。...続きを読む
  • 米国製エリートは本当にすごいのか?
    めちゃめちゃおもしろい。
    本職が現役のジャーナリストである著者が見るアメリカの世界。単なる留学日記にとどまらず、歴史や文化的背景を踏んだうえでの深い洞察力。またよむ。
  • 5年後、メディアは稼げるか?―MОNEТIZE ОR DIE ?
    ネット広告は安いから、紙の広告収入を補填できない。課金に成功するには、法人契約、調査、分析がされている価値ある記事になる。新しく稼ぐビジネスモデルを確立出来るか?というのが本書で言う血みどろのたたかい。
    出版研究ゼミで教えて貰った話と同じだった。
    モノを売ってはいるけど、ウェブになりますからね。大変...続きを読む