「菊池直恵」おすすめ作品一覧

「菊池直恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/07更新

ユーザーレビュー

  • もしも楽器が吹奏楽部員だったら!? ある吹部での出来事
    ファゴットもちのヒロイン、楽器の気持ちを感じ取ることができるチューバ奏者、努力家のトランペット奏者。三人が出会って、恋愛でも部活でもこれから何かが始まりそうな余韻を残した読み切り。
    チューバをよく持って帰れたなーとか、一緒にお風呂入ったとか、所々笑かしてもらいました。
    夜だけ擬人化する楽器さんたちも...続きを読む
  • 鉄子の旅(5)
    この第6集のカバーがとても印象に残っている。恐らくリアルタイムで「鉄子」が世間の話題になっていた時に見たものだろう。何だか流行に流されて読むのが嫌で、変に敬遠していたあの頃。もっと素直になっていたら、今頃立派なテツになっていたか? 書泉グランデもよく立ち寄っていたが、テツの聖地だと気付かず仕舞いで、...続きを読む
  • 鉄子の旅(1)
    最近「鉄」分過多だ。'13年には本書は新刊本では購入できず、古書6巻セットでようやく入手。しかし買えて良かった。主役は横見オタクだが、キクチ鉄子の容赦のないツッコミが読み手をほのぼの笑わせてくれる。第8旅は我が故郷「銚子電鉄」で、しかも当時アイドルの眞鍋かおり嬢をゲストに迎えているというに(だからこ...続きを読む
  • 鉄子の旅(4)
    本巻はいろいろな鉄道が出てき、台風まで敵に回すという盛り沢山。しかし、横見マジックに振り回されるキクチ、カミムラ両氏はたいへんだ。第29旅で登場した横見氏のおばさんパーマは、氏の鉄道の嗜好と同様に古~い感じ。「四十三歳これからが青春」には四十路の者としてエールを送りたい。日本全駅下車のセレモニー盛り...続きを読む
  • 鉄子の旅(2)
    カバーの飄々と佇むキクチが可愛い。案内人は乗り鉄が高じて駅鉄となり、だんだん共感できなくなってきた。漫画としては面白いので問題はない。宮脇氏の「最長片道切符の旅」を同時進行で読んでいるが、「鉄子の旅」で映像化されて最長と鉄子の双方が楽しめるのも良い。実録マンガでここまで面白いとは思わなかった。