鉄子の旅 プラス
  • 完結

鉄子の旅 プラス

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

▼第1話/相互乗り入れ企画~酒井順子さんと水のある風景を求めて~▼第2話/押しかけ同行取材!~テツドラマ誕生の地へ~▼第3話/アニメ化記念スペシャル!~皆でワイワイ、サンライズで出雲へ~▼第4話/アニメ制作地獄~スタッフが語るアニメ『鉄子』の裏側~▼第5話/銚子電鉄応援企画!~ここではやっぱり全駅乗下車~▼鉄ヲタブランド化計画/1~9●主な登場人物/横見浩彦(’61年生まれ。トラベルライター。’95年にJR全駅下車、そして’05年には私鉄を含めて全国全駅下車を達成した究極の鉄道好き)、キクチ(このマンガを描いている女性マンガ家。鉄道に興味はない)、カミムラ(このマンガの担当編集者)●あらすじ/2006年11月22日午前6時45分。『鉄子の旅』の連載は2006年10月発売号をもって終了したにも関わらず、なぜか上野駅の特急のりばに立つ漫画家・キクチ。それは、新潮社と小学館の「相互乗り入れ企画」による、『鉄子』スペシャル読み切りを描くためだった。もちろん今回も、旅の案内人はあのテツで…(第1話)。●本巻の特徴/一度は連載終了…したはずなのに、世間が終わらせない『鉄子の旅』。奇跡のアニメ化をはじめ、その後のキクチの鉄道受難(?)までを余すところなく収録!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
IKKI
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
41MB

鉄子の旅 プラス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年09月03日

    カバーが銚子電鉄、しかも著者デザイン車体塗装! いつもは横見氏が大きな顔をしているのに、ホントの最終号で著者が大きく出てきた。にも拘わらずにこの表情とは(笑)小学館・新潮社相互乗入れ企画、面白い。連載終了後もいろいろあったんだね。それでも、プラス第5旅:銚子電鉄編の締めは最終話らしくしっとりとしてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月18日

    やっぱり面白いなぁ、鉄子。
    菊地直恵版「鉄子の旅」本当の最終巻。
    タイトルの最後が「プラス」となっているのはマンガに書いてあるので省略するとして、当時「実録マンガがアニメ化するって、どういうことやねん」「鉄オタが主人公のドラマwwww」と思ったが、その裏側もしっかり書かれてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月30日

    第1巻の時もそうでしたが菊池さんが横見さんに対してのツッコミ所には毎回笑える物が・・・。(^^;;)(大爆笑)

    そして菊池さんが実際に第1巻から好きでしたが、大の駅弁好きで、

    実際に菊池さんがプロヂュースをした、『日本縦断弁当のイラスト』を描いたり、

    菊池さんが実際にデザインを描いた銚子電鉄を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月27日

    旧鉄子の旅完結巻。
    最後は名残惜しく、寂しい気持ちになる(名作の証)。
    餘部鉄橋は行ってみたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月04日

    マンガ連載終了後も、粛々と続いていた「鉄ヲタブランド化計画」。
    その一部始終をレポートした、その名もプラス版。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「鉄子の旅」完結後を描いた話。「鉄子の旅」が世の中に与えた影響がよくわかる。5つの旅がプラスされているが、「鉄子の旅」のようなハプニングもないので、星4つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月28日

    連載終了後の特別編?などをまとめたもの笑えるところが1か所もなかった。作者が横見氏と旅をするのが嫌になったけど,仕事があるから書かなくちゃという感じが伝わってくる。前は面白かったのになあ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています