仁平典宏の一覧

「仁平典宏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/06更新

ユーザーレビュー

  • 平成史【完全版】
    厚みがすごい。平成という時代が多様な時代であったためか、中身は骨太な思想がひとつ詰まっているというより、ぺらぺらな印象がしてしまうが、そのぺらぺらな時代をよくこのようにまとめ切ったな、という雑感をもった。日本のインターネットはタイムマシン的であり、アメリカの発展をなぞるようなものだという濱野智史の主...続きを読む
  • 労働再審2 越境する労働と〈移民〉
    2020年4月から、介護保険料が大幅に増額されていることをどれだけの人が知っているのだろうか?

    2017年の介護保険法の改正で、所得に応じて保険料が算出される「総報酬割」という制度が導入された
    簡単に言うと
    今までは基本給にだけ税金が掛かっていたが
    これからは総手取りに税金が掛かるということ

    ...続きを読む
  • 平成史【完全版】

    日本の平成を、政治・経済・地方自治・社会保障・教育・情報化・移民政策・ナショナリズムの観点からまとめた本。

    総じて言うなれば、日本の平成とは、変化するさまざまな環境に対して、昭和の枠組みをその場しのぎで改変することで対応してきた時代であり、その綻びがあらわになってきた時代といえる。

    重要な観点...続きを読む
  • 労働再審2 越境する労働と〈移民〉
    労働のグローバル化について。
    主に読んだのはまだ序章と第二章EPA外国人看護・介護受け入れのぶぶんだけだけど、新しい本なのでいい感じの視点。

    気になった点をいくつか。

    EPAでフィリピンとかインドネシアから看護師・介護師が来る前に(とはいってもまだ資格を得たのは二十人に満たない)すでにフィリピン...続きを読む
  • 平成史【完全版】
    経済、政治、社会等様々な視点から各論者が平成の歴史について語ったもの。
    共通して流れるのは高度成長時代を日本の標準として位置付け、昭和後期になっても公共投資を中心としてその社会形態を維持しようするも、結局は借金での運営が長く続くはずもなくバブル崩壊とともに理想形とその仮運営の姿とが根底から崩れてしま...続きを読む