「幅允孝」おすすめ作品一覧

「幅允孝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/03/07更新

ユーザーレビュー

  • 幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。
    本への愛情が、大切に思う気持ちがじわじわとこちら側にも伝わってくる。本の選書もさることながら、それを紹介する言葉のセレクトがたまらない。押しつけがましくなく、無闇に飾り立てているわけでもなく。やわらかいのに重みがある。滲み出てくる。


    「本の遅効性」を私も信じたい。


    ‐‐‐
    たぶん、本を読んで...続きを読む
  • 幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。
    情熱大陸でも取り上げられたことのある、「ブックディレクター」という聞きなれない仕事を生業とする幅 允孝さんの初の雑文集。幅さんが選ぶ88冊を紹介する、書評本なのですがそこは幅さん、普通のそれとはだいぶ変わった試みをこの本では仕掛けています。それは「本紹介のフォーマットがひとつとして同じでない」こと。...続きを読む
  • 幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。
    “本の遅効性”…心に残りました。
    また、絵本を紹介しているページの、「よく読み聞かせによい絵本は何か聞かれるけれど、どんな本だっていい。自分の好きな本の登場人物と…子どもと一緒に心と体を動かしながら読めば、どんな本だって子どもにとっては最高の一冊になるはずだ」という考え、納得です!

    幅さんは本当に...続きを読む
  • 幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。
    写真集とか詩集とかはいつもノーマークだから興味深かった。電子書籍化しても彼のセレクトした本棚は観たいからリアル書店は幅さんにガンガン依頼して素敵な本屋を増やして欲しい。
  • 幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ。
    本の読み方を広げてもらう。
    子供から大人の味覚に広がるように、驚きと喜び。
    ○本を読むと「救われはしないけど、耐えられるかもしれない」