「奥田知志」おすすめ作品一覧

「奥田知志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2014/02/28更新

ユーザーレビュー

  • 「助けて」と言える国へ――人と社会をつなぐ
    まだ5月ですが、この本は今年読んだ本の中でベスト3に入るはず。勉強になっていろんなことに気付かされて、人として深く、厚くなれた気にさせてくれます。
    脳科学者の茂木さんと対談しているのは、NPO法人「北九州ホームレス支援機構」の理事長・奥田知志さん。この対談は本当に読み応えがあります。ホームレスを支援...続きを読む
  • 「助けて」と言える国へ――人と社会をつなぐ
     「Ministry」第10号の対談「3・11後の宗教界を斬る」で文化人類学者の上田紀行さんと対談したホームレス支援機構の奥田さん。今回の対談相手は、NHK「プロフェッショナル」以来の長いお付き合いとなっている脳科学者の茂木健一郎さん。

     「私自身はクリスチャンではないが、以前から、『自ら傷ついた...続きを読む
  • 「助けて」と言える国へ――人と社会をつなぐ
    奥田さんの考え方が、とても新鮮で心奪われた。傷つき傷つけて生きる、共に生きる。救われるお話をたくさん聞かせていただけた。必読。
  • 「助けて」と言える国へ――人と社会をつなぐ
    「タイガーマスクが胸を張って正体をバラすことができる社会をつくりたいと思う。」
    匿名で児童養護施設にランドセルを送った「タイガーマスク現象」について述べられた言葉だ。匿名での行為を認めながらも、さらに一歩進んで他者と顔の見える関わりをもとうと言うのだ。「個人に責任を負わせることによって社会の責任を無...続きを読む
  • 「助けて」と言える国へ――人と社会をつなぐ
    フォトリ24冊目。「傷み」、「傷つく」ことから世界を読み解く。傷つくことを極端に恐れふみこまない、スルーする感覚が今の日本のベース。「負け組」はその犠牲者。でも、人に手を差し伸べることができるのは「傷み」知るもの。期待すべきは高スペックな人材ではなく、「傷ついたひと」達かも。
    奥田牧師のキリストや処...続きを読む