「李恢成」おすすめ作品一覧

「李恢成」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/26更新

ユーザーレビュー

  • サハリンへの旅
    本作で描かれた「1981年頃の様子」から相当に年月を経ている…その「1981年頃の様子」がよく伝わるという意味でも、貴重な一冊であると思った…が、それ以上に「迫ってくる」ような作者の「眼前の様子と、胸中の想い」というものが貴重である…
  • サハリンへの旅
    こうした本を読むと、申し訳なくて辛くて途中でやめてしまうことも多いけれど、この本は違う。とにかく文章が魅力的で、気付くとぐっと前のめりになって読み通してしまっている自分がいた。故郷とは遠くにあるほど、思うものになってしまう。その思い方を、理解しなくてはならない。
  • 地上生活者 第4部 痛苦の感銘
    いくらか構成が散漫としているきらいはあるものの、朝鮮/韓国をめぐる組織/個人の暗躍や在日文化人同士の確執などをヴィヴィドに描写し間然するところがない。自分のような門外漢でもすぐさま人物特定できてしまうようなぞんざいな仮名のつけ方はちょっとどうかと思うが。
  • 地上生活者 第4部 痛苦の感銘
    いくらか構成が散漫としているきらいはあるものの、朝鮮/韓国をめぐる組織/個人の暗躍や在日文化人同士の確執などをヴィヴィドに描写し間然するところがない。自分のような門外漢でもすぐさま人物特定できてしまうようなぞんざいな仮名のつけ方はちょっとどうかと思うが。