「小阪修平」おすすめ作品一覧

「小阪修平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/05/02更新

ユーザーレビュー

  • 思想としての全共闘世代
    全共闘運動とは何だったのかがよく分かる。歴史、目的、党派の違い。
    革マル、中核、ブント、三派全学連、赤軍などの違いが分からない人ほど読む価値がある。
  • 思想としての全共闘世代
    小阪さんが亡くなる前に、この本に出会いたかった。

    あくまでも自分の経験に則して語りながら、あの時代、そこから今に続くものを鮮やかに描き出していたように思う。
    あいまいなものをあいまいなままそっととりだすような穏やかな語り口に触れて、これが900番講堂で三島由紀夫に観念論的な議論をぶつけていた小阪さ...続きを読む
  • そうだったのか現代思想 ニーチェからフーコーまで
    非常にわかりやすく、面白い。ただ、ある程度哲学の語彙がないと厳しいかも。

    専門書への架け橋的印象。まあ専門書読むのは専門家の仕事だし。

    他の本ではあまり扱われないデリダやドゥルーズ=ガタリ、ロラン=バルトの思想なども扱っていて、勉強になった。

    もちろん構造主義にもしっかり触れていて、その説明は...続きを読む
  • そうだったのか現代思想 ニーチェからフーコーまで
    その名の通りです。読んで思ったのは「そうだったのか!」の連続で。これほどわかりやすく現代思想についてまとまっている本もそうないと思う。普通にハイデガーとかドゥルーズとか読むとどつぼにはまってしまって、ポカーンの連続になって、全然ページが進まないけれど、この人の語り口で咀嚼されたものを読むと、非常にわ...続きを読む
  • そうだったのか現代思想 ニーチェからフーコーまで
    2015.01.20 哲学から思想へ、相対主義を超えてと言う流れが理解できたが、簡単とはいえ私にはなかなか難解でほとんど理解できていないのではないか?でも興味深いので不思議だ。

特集