思想としての全共闘世代

思想としての全共闘世代

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

団塊(全共闘)世代と言われる人たちが定年を迎える。社会変革を夢見て活動し、高度成長期を走り抜け、戦後の一時代を切り拓いた全共闘世代とは、何者だったのか。そして全共闘運動とはいったい何だったのか?個人的経験から語りはじめ、この世代の意味を思想としてとらえなおす、同世代から団塊ジュニアまで必読の論考。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
ページ数
219ページ
電子版発売日
2014年05月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

思想としての全共闘世代 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年05月29日

    全共闘運動とは何だったのかがよく分かる。歴史、目的、党派の違い。
    革マル、中核、ブント、三派全学連、赤軍などの違いが分からない人ほど読む価値がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月28日

    [ 内容 ]
    団塊(全共闘)世代と言われる人たちがまもなく定年を迎える。
    社会変革を夢見て活動し、その後、高度成長期を走り抜け、戦後の一時代を切り拓いた全共闘世代とは、何者だったのか。
    そして全共闘運動とはいったい何だったのか?
    個人的経験から語りはじめ、この世代の意味を思想としてとらえなおす、同世...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    たまたまバイト先で『そうだったのか現代思想』と同じ著者の本を見つけたので手に取ったところ、2連勤のバイトのうちに読み終わった。『そうだったのか・・・』より断然、おもしろかった。リンクするところも多く理解しやすい。90年代以降の私にもある程度なじみのある状況が、60年代からの延長であることが、理解でき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    全共闘の私さがし。正規の議決機関なき全共闘は責任の所在不明で、原則的主張を繰り返すしか手立てを持たないゆえ妥協できない組織であり、その為状況のなかにのみこまれた。社会関係の中での自分の具体的在り方を問題に始まった闘争は、革命兵士たる個々の自覚や行動の問題に変質していった。自明性を疑いながら自己憐憫に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月21日

    結果よりも今何をおかしいと感じているかといった発想が全共闘の出発点。討論という形で問いかけの輪を広げるが、最終的基準は個人の選択におく。

    団塊世代の基本的な考え方、思想、ひとつの時代。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なんか映像とかでちらっとみる印象とは違う全共闘。もう少し冷静に見てみると、行動とはまた別の思想や、多くは思想ともいえない「雰囲気」も漂っていたのだろうと思った。ただ僕は、なぜ彼らが行動をし、僕ら世代はしないのかということが知りたかった。別にそうさせるほどの問題が目の前にないとは思わない。そういう意味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    全共闘に関する本って、やたら深くて(マニアック)全体を理解するのが困難だったけど、この本は非常にわかりやすく説明がしてあるので良いです。
    時代の流れ、思想、個人誌全部つまってる

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています