「久保寺健彦」おすすめ作品一覧

「久保寺健彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/08/24更新

ユーザーレビュー

  • 青少年のための小説入門
    久しぶりに没頭して読んだ。冒頭で登さんが死んじゃったことをネタバレしてからの回想話。決して良い終わりでは無いと分かっていながら、ページをめくる手が止まらなかった。出てくる人たちが個性的で楽しかった。神様〜の本は出来れば最後まで書いて欲しかった!!
  • 青少年のための小説入門
    先日新幹線の中で読むために購入した本。
    久々にキングダム以外で早く先を読みたいと思った本です。
    中々小説で作品にのめりこむことがないけどこの小説には引き込まれました。
    ちょこっと作品を紹介しますと、ディスレクシアという読み書きができない障害をもつアウトローな世界に生きる青年といじめられっこの少年がひ...続きを読む
  • 青少年のための小説入門
    こんなに先を読みたくて仕方がなくなるのは何年、いや何十年ぶりだろう。先が気になって、トイレにも持ち込み、いやそれは嘘だけど、中1の時読んだ松本清張「点と線」か、高木彬光「白昼の死角」か、落合信彦か、高校に入って読んだ夢野久作「ドグラマグラ」以来だろうか、こんなにも夢中になって読んだのは。

    彼らが分...続きを読む
  • 青少年のための小説入門
    ディスレクシアのヤクザといじめられっ子の中学生が出会い、ベストセラー作家を目指す。
    突拍子も無い目標に向かって、見たことない凸凹コンビが突き進む。
    キャラ立ち抜群の人物たち。
    一筋縄ではいかないストーリー。
    グイグイ読ませる筆致で、気づけば感動のラスト。
    面白い。
  • みなさん、さようなら
    時間としてはほんの17年。
    17年あればゼロから初めて再度ゼロになって、という人生のサイクルを繰り返すことができる。
    渡会悟君は、団地から出られなくても、そのサイクルを回すことが出来た。
    反して団地から出ていても、サイクルを回せない人間はいる。僕みたいにね。
    人生のサイクルを回すべきだと、この本を読...続きを読む