「蓬田やすひろ」おすすめ作品一覧

「蓬田やすひろ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/05更新

ユーザーレビュー

  • 妻の背中の男 幽剣抄
    あまりにも面白かったので、ハードカバーと文庫の両方そろえてしまったシリーズ『幽剣抄』完結巻。続編期待。
  • 家老脱藩 与一郎、江戸を行く
    シリーズ3作目。
    時間は前作から5年後。すっかりアルコール中毒になった主人
    公でどうなるものなのかとはらはら、わくわくしながら読み
    終えた。
    あの結末は時代小説では裏技的な着地点だなあ。
    あっさりまかりとおるし。そこで一悶着起きないのかよ〜。
  • 峠越え 与一郎見参
    なかなか爽やかな作品でした。
    エンディングのあたりで、ちょっとガチャガチャしてますし、ちょっと強引過ぎる気もします。ただそれを除けば、全体の人物構成も美味く配置され、一人一人が美味く描かれてるように思います。
    なんとなく「蝉しぐれ」や「喜知次」を思わせる設定です。藤沢さんや乙川さんのような情感に...続きを読む
  • 追跡者 幽剣抄
    二作目は往々にして凡打である。と前半で思った。が最後の表題作がやたら良かった。魔界都市や吸血鬼Dに紛れてしまうのは心底勿体ない。売り方を考えて欲しいと思うくらい、侍+怪異譚の良い出来。展開がマンネリの宮部みゆきの時代怪異より遥かに楽しんで読めたのは私が市井ものより剣豪好きなせいだけではない。
  • 霧隠才蔵 下
    いつお互い裏切ってもおかしくないような張りつめた関係性をキープしていた『風神の門』と比べると、こっちの才蔵と佐助はそれなりに仲間度がアップしていってましたね。
    かといって馴れ合ってるというほどでもなく、期待していた適度な距離感だったのがよかったです。

    もう1つ比べると、こっちの才蔵はけっこう人間く...続きを読む