「酒井邦秀」おすすめ作品一覧

「酒井邦秀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • どうして英語が使えない? ――「学校英語」につける薬
    先日読んだ『快読100万語!ペーパーバックへの道』に共感したため、同著者のこちらを読んでみました。
    いや、なかなか舌鋒鋭いです。日本の学校英語、なかんずく受験英語批判。そしてその指摘のほとんどに「確かに」と頷かされます。日本で教えられている英語は「人工言語」。では、本来の英語を身につけていくためには...続きを読む
  • どうして英語が使えない? ――「学校英語」につける薬
    学校英語・受験英語のおかしさを具体的に指摘した本です。

    著者の主張自体はけっして珍しいものではなく、むしろ聞き飽きているといっていいくらいなのですが、英和辞典の硬直した訳語や、森一郎の『試験に出る英単語』(青春出版社)、伊藤和夫と鈴木長十の『基本英文700選』(駿台文庫)などから多くの例を引きなが...続きを読む
  • どうして英語が使えない? ――「学校英語」につける薬
    日本の英語教育は、人工言語のお勉強とキッパリ断言。
    言葉は、文化が生み出したもの。文化が違う国の言葉と自国語は1対1対応の言葉や発音はありえない。
    身につけるためには、とにかくシャワーを浴びるように英語を聞き、読むことを繰り返すこと。
    訳さずにそのまま意味がわかるようにする。そのためには全部わかる必...続きを読む
  • どうして英語が使えない? ――「学校英語」につける薬
    少々古くなってはいるが、受験英語の構造的欠陥を指摘した点、やはり出色であった。伊藤和夫、森一郎的受験英語が日本人の英語能力にいささかの寄与もなし得なかったことは何度繰り返されてもいいと思う。
  • どうして英語が使えない? ――「学校英語」につける薬
    最初の2/3は、学校英語、受験英語に対する批判。英和辞書における訳語、ニュアンスの違いや、文章から独立して短文のみを扱うことの危険性、型にはめようとする文法等を問題として挙げていた。
    後ろでは、どのように学習すれば良いかを挙げており、とにかく英語を聞くこと、聴きながらシャドーイングすることを良いとし...続きを読む

特集