「堀井和子」おすすめ作品一覧

【堀井和子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/07/04更新

ユーザーレビュー

  • 北東北のシンプルをあつめにいく
    堀井さんの本の中で一番自然体な文章。
    堀井さんと言えば、ヨーロッパな感じなんだけれど、これは基本ご主人の実家秋田をはじめとする東北の衣食住のシンプルな美しさを集めている。
    しかし、表紙の秋田のかごやら民芸品がなんとも欧州。なんともフランス。なんとも北欧でおしゃれ。
    白い雪が田んぼの上にふりつもってい...続きを読む
  • ある日のメニュー ──絵のあるレシピ
    子どもの頃食べた野菜のこととか、
    それぞれのおうちの煮物のこととか、
    旦那さんの実家の秋田のごはんのこと、
    イタリアやアメリカで食べたもののこと、
    などなどいろんな食べ物に関するお話と
    素朴なちぎり絵つきのレシピ集。
    すごく人柄が良さそうな文章で、反感を持たずに読めます。
  • ある日のメニュー ──絵のあるレシピ
     「パリの空の下オムレツの匂いは流れる」のように、

     美味しそうな写真なんかなくたって、

     その出来上がりを想像できる料理の本って

     素敵よね。
  • ある日のメニュー ──絵のあるレシピ
    読書録「ある日のメニュー」3

    著者 堀井和子
    出版 筑摩書房

    p75より引用
    “季節季節に自然に育ったもののとりたてが、
    しかも新鮮なものが山盛りで安く手に入る、
    そんな野菜環境のいいところに住みたいもの
    です。”

    目次から抜粋引用
    “塩/塩できまる
     太白ごま油/煮物の味、家庭の味
     山菜と...続きを読む
  • ある日のメニュー ──絵のあるレシピ
    堀井和子さんのおいしい出会いから、自分の定番になったレシピ集となった1冊。
    レシピの挿絵が綺麗な紙の切り絵になっているのが、素敵だった。
    レシピ自体は難しくないのだけど、食材が自分にはなじみがないものばかりなので、どちらかというと、間間のエッセイが好きでした。