【感想・ネタバレ】邯鄲の島遥かなり 中のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2022年05月19日

大正デモクラシーから戦後まで!時代のせいもあり、重すぎてほんとに何も感想が出てこない…。戦時中でもお腹は空くし恋をするし喧嘩をするし、非常事態と日常が同時にあってすごく変な気持ちになった。名作すぎるなぁ。

そしてこちとら明治維新からこの島を見守っているので、島の発展にいちいち感動する!笑
こないだ...続きを読むまで君たち、魚取って貝拾ってたのになあ!?って笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年05月07日

関東近海に浮かぶ島の明治から近代に至る人々の歴史を描いた三巻にわたる長編小説。島に住む一ノ屋一族を中心に物語は展開する。この本を読むと近代の日本の歴史を辿ることが出来て興味深い。読んでいてガルシア・マルケスの「百年の孤独」を思い起こさせる。短編の連続となっているので、長編だが読み進めやすく、後半は一...続きを読む気に読んだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月23日

第8部~第13部で構成され、変わらずイチマツの子孫らが大きな時代の渦に巻き込まれていく。12部、13部は戦時中の話で胸が締め付けられた。当時の人の思想や心情がひしひしと伝わる物語だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年07月18日

選挙の話は、時期的に現実の選挙を想起しながら、読みました。
普通選挙黎明時の混乱ぶりが分かります。
現在の選挙は、さすがにここまで露骨ではありませんが、立候補者がどれだけ高邁な理念を抱いていても、きれいごとだけでは当選にむずびつかないところは、現実にも通じるところだなと思いました。

太平洋戦争の章...続きを読むは、読むのが辛い物語でした。
会社のさらなる繁栄を企図して、軍需産業に手を伸ばしたことが、島を相手国の攻撃対象にし、多くの島民を死なせる結果になってしまったことに、運命の皮肉を感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年02月05日

明治維新頃から始まったイチマツの系譜の大河物語。
序盤は前巻から引き続き面白おかしく、やがて戦争の悲劇を残酷なまでに描写する。
どう下巻に繋がりどう展開していくのか心がぞわぞわする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月18日

【目次】第八部 第一回男子普通選挙/第九部 ご落胤騒動始末/第十部 人死島/第十一部 超能力対科学/第十二部 勝ってくるぞと勇ましく/第十三部 子供たち
 第一回男子普通選挙から太平洋戦争終結までを描く。初めての普通選挙に翻弄される島の人々の姿を描く第八部から始まり、島の経済を支える一橋平太の死と隠...続きを読むし子騒動、心中のメッカとなった島を憂える役場勤めの男と警官の行動、千里眼の見世物の仕掛けを見抜こうとする大学教授の執念と、戦争の足音が聞こえるなか、島の生活は流れて行く。
 そしてついに、子どもたちまでが出征し、征子は考える。「子供を戦争に送り込む国に、先はない。日本はもう、戦争に負けたのだ。勝つ見込みがないなら、子供を死なせる前に降参すべきである。それができない政治家は、日本を潰すつもりなのだろう。そんな政治家を担いでしまった国民が、国を滅ぼすのだ。」と。
 最後の一文は、今に通じる。大人は自業自得だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年10月25日

神生島を舞台にしたサーガの中巻。上巻よりは薄いものの、566頁の大作である。本巻では昭和の始まりから太平洋戦争終結までの島の様子が描かれる。上巻同様、一ノ屋一族の末裔たちが主人公だが大分薄まった印象だ。中心となるテーマは選挙、隠し子、心中、第六感、そして戦争と硬軟取り混ぜた内容で、そこに活き活きと描...続きを読むき出される人間模様に圧倒された。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2022年05月19日

関東の離島での人々を描く大河小説。

中巻は時代背景は普通選挙開始から終戦日まで。
各部の一ノ屋一族、内容、時代背景は以下の通り。
第八部 第一回男子普通選挙、孝太郎(孫)松次郎
(本家孫)直人(一橋家孫)、島内での選挙戦、大正14年 
第九部 ご落胤騒動始末、平太(一橋家子)直人 百子 正人 圭子...続きを読む(一橋家孫)、平太の死と庶子騒動、大正末
第十部 人死島、直人(一橋家孫)、心中騒動から幽霊騒動を経てツチノコ騒動による観光発展と造船所誘致、大正末
第十一部 超能力対科学、康夫(孫)ハル(玄孫)、予知能力騒動、昭和11年
第十二部 勝ってくるぞと勇ましく、正一 功吉 糸(孫)、戦時下の友情、昭和13年ころ
第十三部 子供たち、征子 君子(孫)尊通 創平 メイ子(玄孫)、昭和20年まで
第12部の梅子や小百合についてのその後が気になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年03月14日

一の屋の血筋も孫時代、男子普通選挙から始まってとうとう戦争へと時代は進む。愉快な御落胤騒動、自殺の名所から幽霊、幻の生き物と振り回される人々。
だが戦争の残した爪跡は島の人達も同じ。これからの再生に期待する下巻。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月27日

上巻に比べるとストーリーに占める『イチマツ』の血の感じはかなり薄まっているが、血縁の話を抜きにしても、当時を偲ばせる文章の迫力が秀逸。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング