【感想・ネタバレ】風に吹かれて、旅の酒のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年10月29日

居酒屋探訪家の日常が此処に。旅に食、映画や音楽、古希を迎えた著者が日常の幸せを綴ったオリジナルカラー文庫。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月24日

太田和彦『風に吹かれて、旅の酒』集英社文庫。

酒は勿論のこと、食に旅に映画、書籍や落語にジャズと様々な文化に詳しい著者のエッセイ。ゆるりと流れる小川のような軽妙な文章は相変わらず。

著者も70歳を超えたようだ。人生は旅の如し。著者は歳に合わせた人生の楽しみ方を実践されているようで非常に羨ましい。...続きを読む

このコロナ禍で思うことがままならぬ今日この頃。こうしたエッセイで非日常を楽しむのもまた一興。

本体価格840円
★★★★

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月01日

先日、本書にも登場する映画館に初めて行った。封切時以来の鑑賞だったが、諸先輩方と観る日本映画はなかなかのものであった。下戸なので、居酒屋は無理だが、こちらは参考になります。

このレビューは参考になりましたか?