【感想・ネタバレ】水上博物館アケローンの夜 嘆きの川の渡し守のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年08月06日

博物館に現われる狭間の世界。呼び寄せたのは彼の絶望。
不思議と不思議が重なったその先は、出流の覚悟と想いが出口を示してくれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月10日

東京国立博物館にある、常世と浮き世の境、嘆きの川。迷い混む人の嘆きで、水量や流れが変わるその川で、嘆きや自分を投影していた展示物と対話したり、船頭にお茶と菓子で持てなされ、説得されたりする。
主人公の声が大きいので好みは別れそうだが、船頭のキャラクターとの対比で良いバランスになっている気がする。埴輪...続きを読む犬可愛い。
アケローンと聞いて、ギリシャ神話に精通する人はすぐにわかったんだろうなと思うと、教養は大事なものだと改めて思う。彼の嘆きは、誰かに必要とされることだったのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?