【感想・ネタバレ】トップ3%の人は、「これ」を必ずやっている 上司と組織を動かす「フォロワーシップ」のレビュー

価格 1,400円 (税込)
4.5
2件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年03月17日

トップ3%の人は、「これ」を必ずやっている 上司と組織を動かす「フォロワーシップ」
著:伊庭 正康

フォロワーシップとは、上司の「至らない点」や「見えていない点」があれば、積極的にサポートし、組織を良くするために影響力を発揮するスキルである。

役職がついていないか、年齢が低いからといったことは関...続きを読む係ない。むしろそんな時こそ、フォロワーシップを発揮するタイミングである。少なくとも役職は、身分ではなく、ロール(役割)である。組織の成功の8割は、部下のフォロワーシップによるものである。

本書の構成は以下の6章から成る。
①頑張っても報われない人が見逃していること
②3%の人だけが知っているフォロワーシップとは
③フォロワーシップを高める習慣
④職場の「複雑な問題」を解決する方法
⑤ビジネスフレームワークを使って、10倍速で問題を解決する
⑥いい時ばかりではない。うまくいかない時の対処法

リーダーシップももちろん大切。そしてそれと同じように、それ以上にフォロワーシップは大切。誰しもがその両方のスキルを意識して育て活用すべきでもある。

リーダーシップとフォロワーシップは相反するものでもなく、共通して言えることはそのスキルは自分が軸となるものの自分以外を動かすことに多大な影響を与えるものである。

リーダーシップが上でフォロワーシップが下ということでもなく、どちらも大切な概念である。

円滑に回る組織においてリーダーシップよりもフォロワーシップの方が大切という局面もあり、それはどんな環境においても当てはまる。リーダーシップのように表舞台に目立つ存在ではないかもしれないが、さくっと学び、さりげなく活かせるようになりたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月10日

上司とメンバーの間に立つチームリーダーにとって、リーダーシップとフォロワーシップはどちらも不可欠な力。キャッチーなタイトルにひかれて本書をチョイス。

【総評】

フォロワーシップとは聞き慣れな言葉だが、フラットな組織で主体的に働くことを許されているメンバーであれば、今後必ず身につけていくべき力。
...続きを読むフォロワーシップの5類型において理想型に求められる提言力、率先力のレベルは高い。

元リクの著者が、その豊富な経験に基づき、かつ決して武勇伝になることはなく、読者視点でフォロワーシップを説く良書。リーダーを機に読書を始めた若手にもおすすめの読みやすい内容。

【読書メモ】

・組織の成功の8割は、部下のフォロワーシップによるものだ。
・フォロワーシップとは、「上司自身にスキルの不安や覚えていない問題があるなら、参謀のようにサポートする姿勢」のこと
・上司は「支える」もの、これこそが正解

・フォロワーシップの5類型(提言力/率先力)
理想型フォロワー
順応型フォロワー
消極型フォロワー
孤立型フォロワー
実務型フォロワー

・提言力の4つのレベル
積極的な人…意見を言うにとどまる
主体的な人…対策まで提案する
支援する人…上司の課題を把握した上で、解決に努める
参謀級の人…新たな気づきを示唆する(コーチングアップ)

・率先力の4つのレベル
積極的な人…会議等で意見・質問をする(黙らずに)
主体的な人…上司と同僚の橋渡し役になる(情報を伝える)
支援する人…上司・同僚が動きやすくなるように根回しをする
参謀級の人…ある業務においてリーダーの代行をする

・ソーシャルスタイル
相性を合わせられる対話術
ドライバー、アナリティカル、エクスプレッシブ、エミアブル
・ECRSの原則
業務のムダを改善するフレームワーク
排除、結合、順序変更・交換、簡略化

このレビューは参考になりましたか?