【感想・ネタバレ】焼野までのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月09日

灰の舞う薄暗い世界の淵を、その先にあると信じる小さな、たった一粒の小さな光を探し彷徨っているようなとても疲れる作品。
そう。わたしも照射されているようにリアルだから余計疲れるのだけど、これだけの描写をやってのける作者の力は凄まじい。
選択できるのであれば、なにがどうでも選択したいと思う。
その可能性...続きを読むに縋りたい。

このレビューは参考になりましたか?