【感想・ネタバレ】ハウ・トゥ アート・シンキングのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年04月04日

<どんな本?一言で紹介>
なぜいまビジネスにも人生にも「アート」が求められているのか?
ビジネスの現場にアーティストの思考を取り入れる考え方を知れる一冊。

<どんな人におすすめ?>
企業で新規事業をしている人。
起業したい人、起業している人。
理屈で説明しがちな人。

<読んだら、どんなことが分か...続きを読むるの?>
正解のない「アート」の世界を体感できる。

・アートの価値はなにで決まる? 「おなじ」より「ちがい」を生むチカラ
・アートは「自分」をアップデートする? 「制約」が常識を超えた新しい視点を生む
・アートに「正解」はない? 「わからない」がイノベーションを生む
・技術とアートの共犯関係? 文化を革新するinspireとchallenge

・アートは予期できない? 想定外から生まれる価値
・「アート・シンキング」は詩的? 「分からない」モヤモヤを楽しもう
・「アート・シンキング」は培養菌? 消費せず、培養する社会のつくり方

・アートのエネルギー源は「偏愛」と「違和感」? 理屈を超えた熱量が価値を革新する
・「自分」を欺く3つの罠? 「ありたい」「あるべき」を手放そう

・「アート」と「遊び」はムダ? 「非効率」と「余白」が仕事を面白くする

<日々の生活、仕事などに活かせるポイント>
1.「アート・シンキング」は、わからない(一人ひとり解釈がちがう、著者もあえて定義しないもの)
ロジカル・シンキングやデザイン・シンキングと比較すると、アート・シンキングは「価値=ちがいを生み出す力」だと解釈できる。
ロジカル・シンキングは、1)みて分かる顕在的課題の解決を目的とする、2)分析的で、3)MECEやピラミッド・ストラクチャーを手法とする思考法。
デザイン・シンキングは、1)みて分からない潜在的問題の解決を目的とする、2)共感的で、3)エスノグラフィやプロトタイピングを手法とする思考法。
アート・シンキングは、1)そもそも何をしたらいいかわからない状況での価値の革新を目的とする、2)衝動的で、3)自分起点や触発を手法とする思考法。

2.•「ちがい」を生み出すためには、「自己起点」と「触発」が必要
自己起点=自分だけが持つ特徴に注目すること、触発=分からないものの組み合わせ?
「自己起点で、自分だけが持つ特徴」を知るためには、次の設問について考えてみるとよい。
◦まずは、自分を表す特徴を10個書き出してみましょう。その中で、自分以外にもあてはまる性質には✕をつけてみましょう。
自分だけの性質は何が残りますか?◦あなたのフェチや偏愛するもの、やめられないものを3つ書き出してみましょう。
◦最近あった許せないことを3つ書き出してみましょう。


<感想>
論理や構造がわからない。正解がない。こういったことは、美大の講義を聞いたときにたくさん感じることができる。
思考が最前線のビジネスの現場に求められていることを知れたが、それは論理や構造をもともと持っている人が差別化するために欲しているものだ。
論理や構造をもたず「アート・シンキング」しか持っていない人は、それを突き抜けるしかなく、社会とどう折り合いをつけるか、日々きっと死ぬまで葛藤することになる。
バランスが大事だと、実感する。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月10日

株式会社uni’que代表の若宮和男さんによるアート思考本、論理的に考えるロジカルシンキングならぬアートな視点で考えるアートシンキングについて解説する、アートシンキングとは、明確な「正解」はなく、一つの「正解」を前提とせず、問いに対してさまざまな応答があり、その答えを探すプロセスこそに意味があるとい...続きを読むう考え方。使いこなせれば絶大な効果を発揮できると思うのだが、ビジネスにおいては臨機応変にロジカルシンキング+アートシンキング両方の切り替えができるビジネスマンが最強かなと思った。

このレビューは参考になりましたか?