【感想・ネタバレ】やりたいことなんて、なくていい。 将来の不安と焦りがなくなるキャリア講義のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年05月24日

とりあえず目の前の仕事をちゃんとやってcanを増やせという話。くよくよして手がつかない状態の自分には刺さった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月06日

個人的にはむちゃくちゃ共感出来る内容だった!!
自分も将来の夢とか大きな目標とかがないままただただ就職して働いていたけど、目の前の仕事に一生懸命取り組む事で少しずつ見えてくるものがあるなと思う。
サラリーマンであれば共感出来る人は多いと思うので、是非とも全てのサラリーマンに読んで欲しい本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月16日

Lead the self(自分自身を導くこと)
目の前のことを一生懸命にやっていれば必ず見えてくる。過去を振り返り、自分の信念を知る。そして、未来に想いを馳せる。利己的でも良い。望むことなら利己と利他の共存させたい。Free、Flat、Fun。共感!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月28日

【1.読む目的】
・正直なところ、何かやりたいことがあるだろうか?というと『ない』のが本音
・そんなときに出会ったキャッチーなタイトルの本(かつ『1分で話す』の著者)いうことで、なぜ著者は『やりたいことなんてなくていい。』と述べるのかを知りたい。
・ここから自分のやりたいことや、生き方を探すヒントや...続きを読むチップが少しでも見つけたい。

【2.気付きや気になった点、面白かった点等】
・やりたいことがなければやるべきことをやりできることを増やせ(willがないならmustをやり、canを増やせ)
・全体的に筆者の実体験から帰納的に物事が述べられている本。
・アホだと思われるくらいの自己開示が必要→人からの応援につながる。
・他者はリスペクトしつつ、徹底的にパクれ(そしてびびるな、常にフラットで)
・相手に貢献し、かつ会う目的意識を持つ
・リーダーに必要なのはスキルではなくマインド
(アクションとマインドのサイクルを回すことが大切)
・信念に基づく意思決定と行動が大事
・自分の経験をもとに我が事を、語れ


【3.感想】
・社会的に成功している筆者が自分の体験談を元に記した本で、共感する部分や参考になる部分が多かった。
・確かに、人は何かを知ること経験することでしかその先を考えることはできない。なのであればできること、やるべきをたくさんやり選択肢を増やしていくことが大切。
・どれも簡単なことのようだが、いうは易し、行うは難き。少しずつ実践してみようと思う。自己開示が多い人は愛される(それがネガティブなものでなければ)は周りを見ててもそのとおりだと思う。アホになろう。
・色々な他の本に共通するチップも多いように思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月22日

著者の伊藤洋一氏は、新卒で銀行に入るも、うつ病を患うようになってしまう。そのご、仕事を通じて自己を成長させていく様子が本著で描かれている。
その中で、印象に残った事は「人は変われる、成長出来る」という、フレーズでした。
私自身も伊藤氏と同じく、仕事を通じて悩みを抱えている、サラリーマンの1人です。
...続きを読む
成長するためのポイント

目の前の与えられた仕事を全力でこなす。
信念(過去に自分が経験をしてきたこと)に基づく意思決定を行う。
自分がどうなりたいか、人生における、方向性、目的を決める。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月11日

要点2つ
・やりたいことは、行動した後に振り返れば見えてくる
・コミュニケーションコストを下げて応援される人になれ
→フラットな人間関係が大切(優れてる、優れてないなどの視点を人に持たない)目的を持って人に会う、ギブギブギブ、わからないならならどんどん聴く
・目の前の仕事で120パーセント出し切れ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月10日

Willがなかったらmustをこなしてcanを作る
目の前の仕事をこなすことが社会の役に立つこと
目の前の人の役に立つこと
フラットな人間関係をいかに築けるか
他人を尊敬し、徹底的に真似る
お金もらえなくても役に立てばいい
リーダーの仕事は意思決定
After you Follow me
軸は過去と...続きを読む現在の間にある、そして未来を語れ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月24日

やりたいことがない
→今やるべきことをとにかく全力でやれば見えてくる

free.flat.fun
リーダーシップとは信念に基づく意思決定
自分の軸を持っていればどんな人とも渡り合える
自分の仕事を通じて世の中に価値を提供するということを『我がごと』として捉えているかどうか。
結局、自分の経験から未...続きを読む来を語れる人が最強ということ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月08日

やりたいことなんて、なくていい。 将来の不安と焦りがなくなるキャリア講義
著:伊藤羊一

やりたいことなんて、はじめはなくていい。
それより、足元の仕事、目の前の仕事に、一度全力でぶつかってみよう。そうすれば、キャリアの悩みはきっと解決する。

本書の構成は以下の5章から成る。
①今やっていることに...続きを読む夢中で取り組め
②仕事恐怖症だった私が、仕事に救われた理由
③なぜか周りに助けられる人が大切にしていること
④人生を変えるリーダーシップの話をしよう
⑤自分の人生を生きるためのたった一つの方法

あるべき姿なりたい姿をしっかり想定してやるべきことを逆算して積み上げていくことももちろん大切。

しかし、それがクリアになっておりその行動が目の前のレールとして整っていることはまずない。

目の前のことを頑張ること。計算のみではなく、利己と利他の思いと自分で決めるという信念を持って臨めば悪いようにはならない。悪くなりそうなら見直せばいい。信念に基づいて行動したのであれば、成功も失敗も苦労も全て受け入れることができる。

やりたいことは目の前にあるものでも見つけるものでもない。日々全力で信念を持って行動を積み重ねる中で形成されていくものでもある。

まだまだ動ける、動かないといけない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月28日

あとがきより引用。

 最初から頭でっかちに色々考えるのではなく、ひとまず、目の前にあることを無我夢中でやってみよう。

 実行し、振り返り、気づきを得たら、また実行する。

 このサイクルを繰り返していくことで、必ず成長することができます。


PDCAじゃなくてOODAだ、みたいな話だったのか...続きを読むなと。目の前のことに集中しよう。
一方で、IT業界は進化が早く、今までの知識が通用しなくなることもしばしば。キャッチアップしておかないと生き残れない、は言い過ぎにしてもレガシーなつまらない仕事しか出来ない可能性が高まるかと。個人的にそれは嫌なので、技術のトレンドを先読みして押さえるくらいはやらないとダメかなと思う。

というわけで結局バランスかなーと思った次第です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月05日

タイトルから期待する内容は前半のみ。
後半は、リーダーシップを発揮する、すなわち解なき問に自らの信念に基づく意思決定を行っていくことの意義、自分の過去を見つめ直して自らの判断基準、価値観見つめ直すことの大事さを説いている。
入口と出口合ってるか?とは思ったが、社会人なりたて、そして管理職手前の人には...続きを読む意味があるかもしれない。内容はどこかで聞いたようなスタンダードなものかもしれないが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月16日

目の前の仕事に全力でぶつかる
フラットな人間関係
自分の信念を持つ

新しい発見や気づきは特に無かった。

著者の明るさや、前向きさを感じられるものだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月20日

人から愛される人なんだろうなと思った。この前読んだ、ライフデザインの本に書かれていたことと重なったな。その仕事に必要とされることをインタビューする点が特に。
あとは、目の前の仕事をがむしゃらにやってみる、そこで得た気づきを次に生かすというのはなるほどなあと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月21日

やりたいことがあることはもちろんよい。でもそうでなくても大丈夫。という本。

キャリアを考える上では、ある程度インプットがないとアウトプットは出せない。なので与えられたインプット(仕事・任務)を全力でアウトプット(成果)することが大切と説いている。さらにそれを振り返り、インプット→アウトプットを行う...続きを読むことで、自分にどんな変化があったのかを明確化することが大切である、としている。

このサイクルを繰り返していることで、自分に仕事が自然に舞い込んでくるようになり、新しい仕事にチャレンジすることが出来る。そうすれば「出来ること」が増えてくる。一般論としては「やりたいこと」を実現するために「出来ること」を増やすのだが、その逆で「出来ること」を増やして「やりたいこと」を見つけるのは面白いと思う。

但し重要なのは一生懸命に仕事をやりつつも、漫然とやっているのは意味がない。きちんと振り返りを行い、自分の変化(成長できているか・誰かに貢献できており仕事に喜びがあるか等)をきちんと認識しないといけないということ。これもなるほどという意見。

しかしこの本の弱点としては論拠に乏しいこと。筆者一人の経験談のみをもとにしているので、N数が少ない。ここが改善されないと、説得力は増さないと思う。(自己啓発系なので仕方ない部分もあるかも・・・・)

内容は面白いが説得力に乏しいので、★3とした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月14日

この本を手に取るということは、今後のキャリアに悩んでいる人だろう。
であればもう読む必要はない。
やりたいことなどなくてよいのだ。

悩むのは、目の前にあることを徹底的に極め、それを振り返り、自分の言葉で語れるようになってから。

まずは四の五の言わず極めよ、という本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月13日

1分で話せを読んで非常に気づきがあったこと、また去年一年間働くことについて苦しんだことからこの本を読みました。

良いこと書いてあります。でも多分どん底の時に読んだら余計追い詰める本になったかなぁと思ったので、仕事や働き方で悩んでいる方はすこしどん底から上向き方向になった時に読むのが良いと思います。...続きを読む

やりたいことがない→とにかくやってみるという流れは、その一歩が簡単なひととそうでないひとに分かれると思うので、本の内容は期待していたのとはすこし違う印象でした。将来の不安と焦りがなくなるわけでもないし、これ読んでなくなる人は多分読まなくてもなくなるひとじゃないかなぁと思ったり。

とはいえ、良いこと書いてある本なので、読んで損はないですがまだお読みでないのであれば、1分で話せを読む方をオススメします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月24日

確かに、あれやこれやと考えて動けないよりは、まず目の間のことに集中する…例えそれが自分にとっては不得意なことであったり、やりたくないことであったりしても…という考えには共感。
俺はまだ本気を出していない…自分に合う天職がどこかに存在する…と言っている間に人生が終わりを迎える…ということのないようにし...続きを読むたい。

このレビューは参考になりましたか?