【感想・ネタバレ】売ってはいけない 売らなくても儲かる仕組みを科学するのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月26日

「そのお客に売ってはいけない」とタイトルとほぼ同じテーマの章が大変勉強になった。特にB2Bで。
改めて自分と置き換えてみると全く出来ていない。

買わないお客に対していくら努力しても意味がない。
というのがとても新鮮だった。

努力すれば一発逆転もあるはずだと自分は挑んできた。
実際にはそれで上手く...続きを読む行ったこともあるし、上手くいかなかったこともある。

努力対効果が悪いという。少しでも可能性が高く見込めるお客に対して全力を使えという指摘。

100%そうですねとはまだ思えないが、確かにその考え方が出来ればやり方も、変わってくるはずと感じた。
これからは心に留めて行動していきたいと思った。


このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月23日

営業の仕事をしていると売上と利益の追求で周りが見えなくなってしまう事が一度はあると思うのですが、この本ではハズキルーペ、ダイソン、ジャパネットたかた、アップル等、皆が知る有名企業がどの様な戦略を取り、好調を維持しているか書かれています。特に「お客は減らせ」、「共感を生み出せ」、「安さで売ってはいけな...続きを読むい」の言葉は参考にしたいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月12日

マーケティングの基礎的事項をさまざまな事例とともに解説した一冊です。実際の世の中の事例が題材になっていますので読みやすいです。
肝心のマーケティングに関する知識については話しとしてはアタマに入ってきますが、実務レベルで使いこなせるかどうかはまた別かもしれません。アタマのなかでモデル化し、現実世界に適...続きを読む用できるかどうかが鍵かと…。
ただ紹介されている事例いずれも、多少の後付け感がなくもないかなと感じます。成功したからこそ●●がうまく機能した、という説明が可能ですが、失敗事例も多数あるはずですし、同じことをやっても必ずしも100%再現性があるとも言えないのではとも思います。このあたりが難しさなのでしょうかねぇ…。
タイトルの「売ってはいけない」はまさにマーケティングの要諦である「売らなくてもモノが売れるようにすること」の意ですね。決して品質に問題がある製品を「売ってはいけない」の意ではないのでお間違えなきよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月25日

売ってはいけない(販売至上となってはいけない)ケースを取り上げて理由を解説し、どのようにすれば売れるようになるかを紹介している。

事例→考察→要点の繰り返しで、テンポ良く読める。事例の深掘りはなく(例えば内部環境・外部環境やチェンジマネジメント)、ライトに読むもの。

危機に瀕した企業ほど、マーケ...続きを読むティングの改革が進んでいる。

■マーケティング
ドラッカーは「マーケティングの究極目的は、販売を不要にすることだ」という。

■「購買階層」という製品進化モデル
顧客がなにを重要視するかは、製品の進化(普及段階)によって変わる。
・機能→信頼性→利便性→価格


■コアコンピタンス
コア技術×顧客のメリット

■サウスウエスト航空のサービスプロフィットチェーン
従業員第一主義。「社員が職場で楽しく働けて、会社を愛しているという文化さえあれば、最高の顧客サービスを自然に提供できるようになる」

■売ってはいけない相手を見極める
1.ベストな顧客名をリストする。
2.最悪な顧客名をリストする。
3.ベストな顧客の特性を把握する。
4.最悪な顧客の特性を把握する。
5.理想的な顧客のプロフィールを決める。

■コンサル会社での理想的な顧客のプロフィール
1.ビジネスの課題・求める成果・参加者・時期が明確かつ具体的であること
2.会社を対等なパートナーとして評価していること
3.経営トップとの関係を構築できること。
これを確認するために、依頼の理由や課題、成果を確認している。

■カスタマーサクセスという考え方
カスタマーサクセスの役割は、主に法人顧客を成功に導くこと。契約した顧客を常にフォローし、顧客自身が気づかない課題を先回りして発見し、解決策を提案する能動的な仕事である。解約率ゼロを目指して顧客生涯価値の最大化を図っていく。

このレビューは参考になりましたか?