【感想・ネタバレ】異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生み出す 編集思考のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年03月28日

尖った長所を「選び惚れ抜く」
それらを「掛け合わせる」
自信を持ち「世に送り出す」
改善しながら「深めて育てる」

元素記号としてのモノが出揃った時代「化学実験」できるマッドさが大事。

事例の濃さに、編集思考の布教欲と実践者としての意地を感じた!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月13日

NewsPicksパブリッシングの創刊ラインナップだけあって、実に面白かった!!!佐々木さんの文章は本当に面白い。

セレクト・コネクト・プロモート・エンゲージという4つの要素に分けたフレームワーク並びに、NewsPicksの場合には、他の企業の場合には。と具体例に落とし込まれたところなど、「直ぐに...続きを読む使える(かも)」と思われる辺りは上手いな。と思いました。

個人的には、6章の「編集思考」をどのように活かしていくか?という佐々木さんの編集後記のような話が、最も興味深く引き込まれたところです。

AIやシンギュラリティに関する話題(懸念)がここ数年言われていますが、どのようなツール・ソリューションも全ては、人の「編集思考」の賜物だと思います。

メディア・コンテンツに関わる人以外も、「編集思考」はこれから生きていく上で、必須のスキルになると思うので、業界/職種問わずにおススメの一冊と思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月06日

2019/10丸善
選ぶ、繋ぐ、届ける、深める
この4ステップで素材の価値は何倍にも高まる
縦割りの閉塞感を打ち破る武器か、横串で物事を繋ぐ編集思考
●原敬のようなジェネラリスト型のリーダーが暗殺により倒れると、大所高所から俯瞰して、複雑な連立方程式を解けるリーダーがいなくなる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月09日

アフターデジタルと並んで「日本で仕事をしている人は、まさに今読まなければならない本」だなと思いました。
頑張らねばと思える、爽やかな読後感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月27日

#編集思考 たまたま発売前に手にすることができ、読みました。
元東洋経済で、現在はnewspicksの佐々木さんの編集という組み合わせることをテーマに書かれた本です。

同い年ということもあって、わかる部分と育った環境の微妙な違いによる考え方や感じ方違いも見れて面白かったです。1979年生まれって。...続きを読む微妙に教育や働き方の節目の間な世代だと自分では感じているので、同世代でもここまでとんがってる人は見ないと思います。

返事思考に関しての考え方や、周辺にある取り入れるべき考え方もまとまってるので、オススメです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月11日

「縦割りから横割りへ」
「セレクト・コネクト・プロモート・エンゲージ」

巨大な企業も安住できるわけではなく、常に変化が求められていることを感じた。

一人の人間として「技術・教養・人脈」を持ちブランド人になること。
先進的なテクノロジーと古典的な文化の融合。
良いものと良いものとをつなぐ架橋となる...続きを読むこと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月05日

NewsPicksの出版事業には興味があったし、なんだかおもしろそうな会社だなあと思っていたところにこの本を本屋で見かけて手に取った。編集思考とは、この本のサブタイトルにもあるように「異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生み出す」思考方法のこと。それを実例を挙げながら解説してくれる。ファンをコミ...続きを読むュニティ化する代表例として紹介されているのは、なんとジャニーズ事務所!
特に興味深かったのは日本のコンテンツ産業のこと。歴史と文化、そして表現の自由がある日本は、コンテンツ分野でのポテンシャルが大きいらしい。洋画や海外ドラマはやっぱり強いし、日本はまだまだ弱いんじゃ……と思っていたけど、案外日本も戦えるのかもしれない。私が持っていた先入観もひとつの西洋コンプレックスなんだろうな。私は日本のコンテンツが好きだからそこにしっかり自信を持とうと思ったし、だからこそ海外のコンテンツにも目を向けて楽しみながら幅を広げていきたい。それになにより、日本はもっとすごいコンテンツをつくれるんだと思うと、エンタメおたくとしてはとってもわくわくするね!

【読んだ目的・理由】NewsPicksのCEOが書いた編集の本に興味があったから
【入手経路】買った
【詳細評価】☆4.0
【一番好きな表現】
そもそも、編集思考的な「つなげる」という行為は、東洋の考え方と相性がいいものです。
物事を論理的に二分し対立させるのは、一神教にもとづく西洋的な考え方と符号します。多神教で、物事を二項対立でとらえない日本人の方が、融通無碍(考え方や行動がとらわれておらず、自由)な「つなげる」に向いています。(本文から引用)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月13日

セレクト、コネクト、プロモート、エンゲージ。4段階の仕事の進め方を解いてくれる書籍。
それをやり切るために、教養、コネクション、権力などが必要。

全体的には、新しいアイデアは既存の何かを掛け合わせ切り貼りしたものであるという真理が思い浮かんでくる。どうしても自分の知っていること、やっていることに視...続きを読む野狭窄されがちだが、時間軸もカテゴリも大局から広い視野でみていこうということ。

分かりやすい内容だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月13日

これから求められる人材
=文化×経済×テクノロジー
どれか1つだけでなく、これらを掛け合わせて編集できる人材

ニューズピッグスに共感する人にはより響くはずの内容

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月06日

▼@norihiko_sasaki さんの編集思考
■(背景)縦割り社会からの脱却、掛け算の未来(経済×Tech×文化)
→編集思考が大事
■編集=選ぶ+つなぐ+届ける→価値向上
■編集思考を体現した事例の一つがディズニー

◉編集者とは偉大なる素人

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月13日

物の掛け合わせが重用であり、編集思考が重要であることには共感だが、若干議論が矮小化されているように感じるのが少し残念。と冒頭感じたが、ニューズピックスの章など実体験に基づき非常に深く語られており、素晴らしい。

メモ
・編集とはセレクト、コネクト、プロモート、エンゲージの4つのステップにより、ヒトモ...続きを読むノコトの価値を高める行為。
・編集者は偉大な素人。あらゆる分野に好奇心を抱く多動な存在。単なるつなぎ屋。空気を読み切った上で空気を打ち破る力が必要。静かなる素人に足りないのは逆張りする勇気。新たな発想を生む編集力。
・セレクト 選ぶ。ダイヤの原石を見つけることが必要。いいところだけをみて惚れ抜く。未開拓のいいところをみつける。両極にふる。自分に近いものと、極めて遠いもの両方をとる。分散投資的な考え方。
・コネクト つなげる。古いものと新しいものをつなげる。古きの持つ文化、色気を新しいものとつなぎ、心も懐も豊かになる価値を目指す。縦の深堀と横展開でつなげる。
・プロモート 届ける。重要な3つのt thought timeline truth 届けるタイミングを集中させる。ただいきなり出なく土壌ができた上で一気に。コンセプトを持って一貫性のメッセージとともに届ける。
シンクタンクは思想を売る機関。
その人のありのままの姿を取り繕わずに伝えていく。
・エンゲージ 深める。4c communication community consistency casual
メルカリようにコミュニケーションプロセスが埋め込まれている。コミュニテイは関係の深さ、質、ファン数の3次元で定義される。コミュケーションの中心はwebになるが、リアルな何かの存在によりコミュニケーションが立体的になり、深みが生じる。変化が大きく加工しやすいからこそ一貫性が重要。
・ニューズピックス プラットフォーム➕コンテンツパブリッシャーを目指す。プラットフォームに牛耳られているメディアの世界を変える。コンテンツの質をあげていく。
・サブスク成功のコツ マスを狙いすぎない。ニュースよりもインサイト。ユーザーコミュニティを創り、じっくり育てていくこと。
・編集思考を磨く6つの行動。
古典を読み込む。歴史を血肉とする。二分法を超克する。アウェーに遠征する。聞く力を磨く。毒と冷淡さを持つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月19日

この本に書かれていることに実感を持つタイミングがくるだろう、今この時点だけで完結せず、未来にも布石を打っておくような本だった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月18日

これからの時代に必要な思考は「経済×テクノロジー×文化」であることを学んだ。

その他、編集思考を磨くためのコツの中で、聞き上手になるためのコツが書かれていたが、これからのビジネスを築くサラリーマンが抑えておくべきポイントだと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月24日

経済xテクノロジーx文化

社会科学x自然科学x人文科学

編集思考
セレクト(選ぶ)→コネクト(つなげる)→プロモート(届ける)→エンゲージ(深める)

教養・人脈・パワー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月02日

‪NewsPicks初代編集長による一冊。ヒップホップ的な理解で編集とは本書のセレクトとコネクトの領域のみだと思っていたので新しい視点に目から鱗。ビジネス書としても現代メディア分析としても面白かった。歴史や教養といった観点から日本や年長者にも勝ち筋があると述べてくれるので読後も出来る事を前向きに考え...続きを読むようと思える。‬

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月25日

面白かった。最近本読んでなかったから新鮮だったし、所々新しい知識や知見を得られたので有意義な時間になった。

ただ、SFC出身なのに東京一人暮らし始めたっていう経歴はよくわからない

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月05日

 横串を通すことが重要。
 特に日本企業は縦割社会で、横のつながりが無いことを痛感している。

 本書では編集思考、異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生みだす思考法について説明する。
 俺自身の経験では、何度も出てくるけど社内論文のテーマ決定から完成までを編集思考をフル活用していたことを思い出...続きを読むす。
 普段から持っていた地方交通に対する問題意識、
 働き方への疑問、
 展示会に足を運んで得た知識、
 全て総動員して、BRTの自動運転・隊列走行を提案して社内論文を書き上げたのが3年前、あれほど頭使って書き上げたことはなかった。
 そして3年後の現在、編集思考の欠片もない働き方をしている。
 頭使ってない場当たり的な仕事してるなぁと感じている。

 編集思考は、何か×何かの組み合わせで新しいビジネスを作っている。
 本書ではネットフリックス、ディズニーなどの事例が紹介されているが、特に興味を持ったのがウィーワークのビジネスモデル。
 ウィーワークの強みは「何を売っているかよくわからない」ことにある。
 不動産×テクノロジー、スタートアップ×大企業、会員×仕事の機会。
 コワーキングスペースの不動産業にとどまらない、場所というビジネスプラットフォームの提供という理解を得た。

 編集思考、間違いなく弊社では必要ないスキルだ。
 社内コラボしようとなったら必要な思考法ではあるし、アホみたいに事業内容が広い弊社では発展性のある分野だとは思うのだが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月20日

『NewsPicks』前編集長・佐々木紀彦さんの編集思考は、編集を「セレクト(選ぶ)」「コネクト(つなげる)」「プロモート(届ける)」「エンゲージ(深める)」と4つのステップに整理。

本著の構成のコアとして、2章分を割き、実際の事例として企業群を編集思考で分析していきます。(Netflix、ディズ...続きを読むニー、WeWork)

編集思考を磨く6つの思考として、以下が挙げられています。

①古典を読み込む
②歴史を血肉とする
③二分法を超克する
④アウェーに遠征する
⑤聞く力を磨く
⑥毒と冷淡さを持つ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月17日

印象としてちょっとNews Picksのアピールが強すぎたけれど笑、編集という作業を丁寧に因数分解されていて、噛み砕きやすかった。日本でビジネスをする上で前向きな要素や、weworkの事例など、情報量が豊富で読み応えがありました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月12日

何年前か、電子書籍が登場した時期に「紙の書籍はこれからどうなるのか」といったような話をあちこちで見聞きし、自分としては「まあ、無くなることはないだろう」と思いながらも、その本というものの存在意義みたいなものについては漠然としたままでした。

その点について本書ではテレビや新聞など様々なメディアの特徴...続きを読むを挙げながら、本というメディアについて「エンゲージメント(読むことには時間を要するため、その分心理的な繋がりが強くなる)」と「情報の質(気軽に発信できるSNSなどと違い、著者の知見が集約されているので情報の質は相対的に高い)」といったような切り口で書かれており、それは自分にとって新鮮な発見でした。
(正確には、本書では「紙の書籍」ではなく「本」という括りでしたが、語ろうとしている事は同じだと思います。)

経済を軸にあらゆることに筆者の考えが述べられており、とても考え抜かれていてすごい、と思うと同時に「読者としては、考えを挟み込む余地が無いな」という印象も持ちました。

このレビューは参考になりましたか?