【感想・ネタバレ】ハミルトン――アメリカ資本主義を創った男 上のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年11月17日

アメリカ建国の父の一人として、アメリカ合衆国設立のベースとなる思想をまとめた「The Federalist」の著者であり、初代の財務長官として現代のアメリカ資本主義の礎を築き上げたアレクサンダー・ハミルトンの伝記の上巻。

カリブ海の小さな島で生まれ、上流階級とは全くことなる環境で育ちながらも独力で...続きを読むのし上がっていき、最後は決闘によって49歳で生涯を終える彼の数奇な半生を描く。

一つの国の設立は、通常、かなり長期間の歴史的な背景に基づく。しかし、アメリカ合衆国は独立戦争を皮切りに極めて短期間の間のそのベースが形作られたことから、どのように国家が設立されるのかが、本書を読む事で追体験できる。ハミルトンの天才的な思考能力と政治力を目の当たりにしながら、アメリカという国が徐々に成立していく様子は非常に面白い。

このレビューは参考になりましたか?