【感想・ネタバレ】「田島道治日記」を読む 昭和天皇と美智子妃 その危機にのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月16日

昭和の大恐慌があった。愛知銀行の常務だった田島道治は日銀総裁で
あった井上準之助が設立した昭和銀行頭取に任命され、最大の金融恐慌
を乗り切りった。

その手腕を買われたのだろう。先の大戦後、初代の宮内庁長官に就任する。
皇室最大の危機の時代である。

そんな時代に昭和天皇の傍にいて、GHQ及び日本政...続きを読む府を相手として
皇室を守る為に尽力した人の日記から時代を読み解く。

昭和天皇の退位問題、最高司令官を突然解任されたマッカーサーの
皇居訪問問題、皇太子(今上天皇)の英国訪問にまつわる問題、
そして、皇太子妃選び。

日記の記述は非常に簡潔なものだが、皇太子の立太子の儀に臨んだ
日ではこれまでの苦労が込み上げたのか「ベソ」との記述があるのが
苦心を感じさせる。

頑なに皇居訪問を拒むマッカーサーに憤り、「臣・茂」とまで署名して
皇室を重んじた吉田茂とも時には対立し、庶民出身ながら昭和天皇と
皇室に尽くした人は昭和28年に退官する。

その後も美智子妃誕生に関わり、旧態依然とした皇室に嫁いだことで
心身共に疲れ切った美智子妃を支える。

混乱の時代の貴重な記録だが、タイトルがしっくりくない。副題と入れ替え
たらよかったのにな。

尚、長官退官後、ソニーの会長職についているのだが会社で用意した
車を私用では一切使わず都電とバスを乗り継いでいたそうだ。

こんな会社会長、今の時代にいるかぁ。

このレビューは参考になりましたか?